雨のち晴れ - 京都御苑の春

いつかは 晴れるさ

近ごろ 『ペスト』という題の小説が売れているようだ。
武漢を起源とする新型コロナウイルスが世界中にひろがり、
亡くなる方がたくさん出ているこの状況でペストをテーマ
とした小説が読まれるとは興味深いことに思える。

イタリアの小説だったか『デカメロン』という小説がある。
有名な小説なのでいつかは読もうと思っていた。新訳でそ
れも文庫本があることを知ったので購入(意外と高かった)
し通勤バスの中で読んだことがある(10年ほど前のことだ)。

この小説もペストが蔓延している状況で、郊外に避難した
紳士淑女が語る物語なのだが、これが実に過激な内容で面
白かった覚えがある。『カザノヴァ回想録』といい、イタ
リアの小説にはエロティックな それでいて芸術性の高い小
説がある。こんな時代にはイタリアの小説でも読んで気を
紛らすとしよう。

ウマノアシガタ
シャガ

今回投稿した写真は、二年前にコンパクトカメラ
で撮影したものを取急ぎ編集しました。ご笑覧に
供します。