最期の桜 - 京都御苑便り

お花見戦線異状あり
今年の京都御苑はとても静かだ。新型コロナウイルス蔓延で
「外出自粛」要請の報道が効果を上げているのだろう。それにし
ても先月の連休の人出は凄い数だった。桜の開花とともに「自粛
疲れ」から多くの人々が花見がてら外出を企てたのだろう。

御車返しの桜
旧近衛邸跡しだれ桜
ヤマザクラ
すでに花は散ってしまった
桜 松
迎賓館の前で
建春門

今朝のニュースで千鳥ヶ淵の桜が散り、お濠には墨を流したよう
に花筏が見られるという。京都御苑の桜も散り始めた。昨日の昼
頃、散り始めた桜を見に行った。桜の花びらが風に吹かれてひら
ひらと宙を舞う。この姿を記録にとどめたかった。でも写真では
それが わからない。

自粛の影響か、シートを広げ飲食をしている方は少ない。カップ
ルさえ間隔を開けているように見える(?)
写真を撮影していると老年のご夫妻が近くに坐り、手作りの弁当
を広げ食べ始めた。いい感じの ご夫婦だ。

以前 大病の後、三年ほど体調が思わしくない時代があった。その
とき 春になると西行の歌が頭に浮んだ。あれから はや十五年。
この春ほど 桜をたくさん見た年はない。