紫式部ゆかりの地を訪ねて-居宅跡地(蘆山寺)、墓所ほか

平安朝文化サロンの面々
一条天皇の后である定子様が崩御された後、その「サロン」の後を
ついだのは彰子様の「サロン」であった。定子様に仕えていた清少
納言が後宮を去った後、彰子様のサロンのてこ入れに、父であり又
関白であった藤原道長が 投入した女房が紫式部であった。

一条天皇の時代、後宮には清少納言、それに紫式部がいたのは驚く
ほかない。彰子様の後宮には、ほかに和泉式部や赤染衛門、それに
伊勢大輔といった方々が仕えていたのであるから、この時代が生ん
だ女流作家(女房)にはそうそうたる面々がいたということになる。

蘆山寺

京都御苑のすぐ東に、かつて紫式部が住んでいた屋敷があった。
現在は蘆山寺という寺院になっている。平安時代にはこの辺り
は洛中の北東の外れである。紫式部はここから大内裏(当時の
御所は現在の御所より西にあった)まで約2㎞ある距離を歩い
て通っていたのだろう。
紫式部が『源氏物語』を書き始めたのは、この場所であったよ
うだ。ここで蘆山寺の建物を少しばかり紹介したい。

蘆山寺薬医門
元三大師堂
本堂玄関
紫式部の歌碑

めぐりあひて見しやそれともわかぬ間に雲がくれにし夜半の月影

中宮彰子様の父 藤原道長邸は、紫式部の住んでいた屋敷
と目と鼻の先にある。現在の仙洞御所付近に 藤原道長邸 、
寺町通をはさんで東に蘆山寺がある。家が近かったことも
あり、紫式部の秀才ぶり(漢学素養が豊だったという)が
道長の耳に届いたのだろう(すでに『源氏物語』も評判を
得ていた)。
やがて紫式部は、彰子様の文化サロンを盛り立てるため
(?)彰子後宮に女房として仕えるようになった。

京都御所
紫式部が詰めていた皇后常御殿(イメージ)

『源氏物語』の着想を得たと伝わる石山寺

石山寺東大門
本 堂

観音信仰
石山寺内陣の厨子の中に秘仏として安置されているのが本尊
如意輪観世音菩薩である。安産福徳縁結びのご利益を
いただける観音さまとして信仰を集めている。観音信仰が盛
んになった理由のひとつに、現世利益という性格がある。
『観音経』には、観音を念じれば、いかなる窮地に立っても
救いが訪れると説かれているという。この世での願いをかな
えてくれる観音さまは奈良時代、平安時代の皇族や貴族だけ
に限らず庶民まで救って下さるのである。

紫式部像(本堂内源氏の間)

石山詣と文学作品
平安時代になって観音信仰が盛んになると、京の都からほど近い
観音霊場として宮廷の女人たちのあいだで、観音堂に参籠し読経
しながら一夜を過ごす石山詣が流行した。清少納言、和泉式部な
どが石山寺のことを日記や随筆に記している。
有名な逸話ではあるが、紫 式部はここに参籠して『源氏物語』の
着想を得たと伝えられている。では、いったいどのようにして石
山詣をしていたのであろうか。皇族や貴族が石山詣をする絵巻が
残っている(都からは、徒歩あるいは牛車などで優に半日はかか
る、いや途中に都と近江の境には逢坂山の峠という難所があるの
で一日がかりの道のりであったことであろう)。

平安時代には主に皇族や貴族の石山詣が盛んであったが、江戸時
代には庶民の間にも広がり、多くの人々がご利益を求め石山詣が
盛んになり大いに賑わったという。

土御門邸庭園(イメージ)

関白 藤原道長邸
「 秋の気配が立ちそめるにつれ、ここ土御門殿のたたずまいは、
えもいわれず趣をふかめている。池のほとりの樹の枝々、遣水の
岸辺の草むらが、それぞれ見渡すかぎり色づいて、秋はおおかた
空もあざやかに見える。
それら自然に引き立てられて、不断の御読経の声々がいっそう胸
にしみいる。やがて涼しい夜風の気配に、いつもの絶えせぬせせ
らぎの音、その響きは夜通し聞こえつづけて、風か水かの別もつ
かない。」
……『紫式部日記』彰子出産の秋

仙洞御所
土御門殿跡地(仙洞御所の北にある解説板)

このよをば我が世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思えば


彰子様の女房として仕えた紫式部は、後宮に入ってからも
たびたび 道長邸 に出入りしていることが、『紫式部日記』
に書かれている。そこで道長に今でいうパワハラ・セクハ
ラもどきの扱いを受けたことが日記に残されている。歌に
詠まれているように、道長は関白であり実力者なのだ。

法成寺阿弥陀堂(イメージ)

壮大な伽藍の法成寺
さて 藤原道長は一条天皇、三条天皇、後一条天皇と次々に
実子を入内させ権力を握ったとされる。平清盛を彷彿させ
るような行いである。そして摂政を嫡子頼通に譲り、晩年
は自邸の東に壮大な規模の法成寺の建立に精力を傾けたよ
うだ。
極楽往生を願い、法成寺の西に九体阿弥陀堂を造り この世
を去るにあたっては、西方浄土を願いながら往生したかっ
たのだろう。壮大な法成寺の伽藍もたび重なる火災や兵火
で今はその影もない。その法成寺だが、京都御苑の東隣、
蘆山寺のすぐ南、現在鴨沂高校の一画に跡地とされる場所
がある。

法成寺跡地

紫式部の墓
ところで紫式部の墓はどこにあるのだろうか。京都のガイドブック
には、北大路堀川の南、住宅と工場に囲まれた目立たない場所にあ
る、と紹介されている。40余年前、そこを訪れたことがある。今で
は綺麗に整備された墓所になっているが、当時はこんもりとした小
さな築山が二つあるばかりで、訪れるものなどほとんどいないよう
な状態に見えた。

紫式部墓所入口
紫式部の墓

ふればかく憂さのみまさる世を知らで荒れたる庭に積もる初雪

“『紫式部日記』にも描かれる「憂さ」は生涯消える
ことがなかった。だがそれを抱えつつ、やがて憂さ
を受け入れ、憂さと共に生きる境地に、紫式部は達
したのである”
…山本淳子氏