昭和に観る津軽の家 - 茅葺屋根編

風雪に堪える家

津軽地方や下北半島へ写真撮影に通ったのは十代最後の年からで、あれ
から半世紀が経とうとしている。今では元号も平成を経て、昭和から令
和に変わってしまった。当時は風土と人間の関係に興味があり、風景よ
りは、むしろ生身の人間を撮ろうとしていた記憶がある。ところが、今
になってネガを一枚一枚見直してみると、思ったより風景や家屋を撮影
していたことが分る。

津軽シリーズの最後に、「津軽地方の家」を取り上げて紹介したいと思
う。すでに紹介済みの写真も多数あるが、その点はご了承願うとしよ
う。茅葺屋根の家をほとんど見なくなってしまった今、なにかの参考に
なれば嬉しい。参考までに1950年代、茅葺屋根の下で見られた農家の生
活の一端を「昭和の記憶」として紹介しているので、そちらも併せて見
ていただければと思う。
撮影年:1970年代

玄関は風雪を防ぐ独特な造りだ。今風にいえば風除室か。
道路に近い方(左側)が母屋(若夫婦)の玄関。奥(右側)にある玄関は隠居。
隠居の中で茶を接待されたことがあるが、室内は都会とさほど違いはない。
屋根に煙り出しはあるが、囲炉裏は見当たらなかった。
日本海からの風をまともに受けるので、
家の西側にはケヤキの防風林とカッチョがある。
どの家にも風除室がある。
当時でも珍しくなっていたヨシなどで作ったカッチョ。
元々はヒバ板ではなくヨシやススキを使ったのだろう。
琵琶湖の島でもヨシや板を風除けに使っているとも聞く。
ストーブを使っているのか、窓付近の煙突から煙が出ている。
屋根が壊れていても、直さずに住んでいる家を数軒見かけた。
二階で蚕でも飼っていたのか、通気と明り取りを兼ねた窓がある。
それとも積雪量が多いときは、この窓から出入りしていたのだろうか。
カメラの操作を誤り、一部二重露出になっています ^^;
画面左半分に津軽富士が見えていたのだが…
玄関に黒い犬がいます。
新建材を用いて部屋を増設したようです。
中世に繁栄した十三湊。茅葺屋根をもつ家は少なくなっていた。

この辺で景気づけに津軽「じょんから女節」を聴いてください。
歌い手は長山洋子さんです。