冬の津軽野にケガヅ(飢渇・凶作)の歴史を想う

「金木は、私の生れた町である。津軽平野のほぼ中央に位し、人口五、
六千の、これという特徴もないが、どこやら都会風にちょっと気取った
町である。」……

「津軽の人でなくても、この年表に接しては溜息をつかざるを得ないだ
ろう。大坂夏の陣、豊臣氏滅亡の元和元年より現在まで約三百三十年の
間に、約六十回の凶作があったのである。まず五年に一度ずつ凶作に見
舞わられているという勘定になるのである。」…太宰治『津軽』より

※表題にある「飢渇」は飢饉と干ばつの意。「ケカツ」と読む慣用音も
あったことが、『色葉字類抄』『元和本下学集』によって知られる。

信仰の山 津軽富士を望む

津軽地方の凶作年表

和暦         凶作  政治・社会・文化
    
元和一年(1615~)  大凶  大阪夏の陣起こる
元和二年       大凶   徳川家康没
寛永十七年      大凶  幕府、譜代大名・旗本の奢侈を禁じる
寛永十八年      大凶
寛永十九年       凶  幕府、代官に飢饉対策を命じ、農村
               における酒造・売酒を禁じる
明暦二年        凶
寛文六年        凶  幕府、酒造半減を命じ、新規の酒造を
               禁止する
寛文十一年       凶  岡山藩閑谷学を創設
延宝二年        凶  秋田大火。諸国風水害起こる。探幽没
延宝三年        凶  前年に続き諸国飢饉。この年、陸中磐
               井郡の農民、藩主に直訴。幕府、大
               和・摂津・河内の飢民に救米を与える
延宝七年        凶
天和一年       大凶  幕府、江戸市中に米麦大豆の買溜・専
               売を禁止し、 酒造半減令を出す。庄内
               藩の四興屋村民、巡見使に越訴する。
               この春、畿内・関東飢饉起こる
貞享一年        凶
元禄五年       大凶  東大寺大仏殿再建・開眼供養
元禄七年       大凶  松尾芭蕉没
元禄八年       大凶  陸奥雫石通の百姓ら飢饉のため年貢減
               免を代官所に強訴する。この年、奥
               羽・北陸不作、餓死者多数

元禄九年        凶  但馬出石藩の農民年貢減免を要求し
               打ちこわしを行う。この年、米価高騰
               幕府、米買占商人を捕え、米を没収。
               大阪の商人淀屋辰五郎を闕所にすると
               いわれる

元禄十五年      半凶  丹後宮津藩の惣百姓が庄屋層の指導で
               城下へ強訴する。幕府、米穀不足につ
               き、全国の酒造米高を調査し、酒造量
               を制限する。この年、凶作のため奥羽
               で多数の餓死者がでる
宝永二年        凶  大阪の豪商淀屋三郎右衛門 (米問屋)
               を闕所にする。江戸市中米・塩などの
               問屋を改め幕府藩札を調査する。伊藤
               仁斎没 
宝永三年        凶  
宝永四年       大凶  幕府、諸藩に年貢の先納、田畑の質入
               れを禁じさせる。物価騰貴の抑制を命
               じ、物資の買溜を禁止する。富士山噴
               火(宝永山できる)
享保一年        凶  幕府、諸国へ巡見使を派遣。光琳没
享保五年        凶  会津南山(幕領)の農民、郷頭の不正
               等を訴え強訴する。江戸大火起こる
元文二年        凶  幕府、田畑質入・売買の証文について
               規定する。
元文五年        凶
延享二年       大凶
延享四年        凶
寛延二年       大凶  岩代二本松領農民、減免を要求、強訴
               する。佐渡の農民、増租に反対して強
               訴する。岩代桑折代官所支配の農民、
               減租・延納を要求して強訴する。会津
               藩全領の農民、貸米利息の徴収に反対
               して若松城下へ強訴、うちこわし。関
               東大風雨。このころ富士節はじまる

宝暦五年       大凶  大阪で米価高騰のため不穏な動きがあ
               る。奥羽飢饉、各地の農民うちこわし
               を行う。美濃郡上藩の農民、庄屋らの
               租法改悪承諾を怒り、老中に駕籠訴。
               この年、奥羽地方、冷害のため大飢 
               饉、八戸・盛岡などで餓死者が多数
               る。安藤昌益「自然真営道」できる

明和四年        凶  西国筋の幕領・諸藩に逃散農民の帰村
               を厳重に取計らわせる
安永五年       半凶  紀伊高野山領の農民、検地に反対して
               強訴する
天明二年       大凶  秋田藩の能代で米価騰貴に苦しむ市
               民、米商宅を うちこわす。和泉大鳥・
               泉両郡の農民、庄屋宅をうちこわす

天明三年       大凶  大阪で米価騰貴・米買占のため うちこ
               わしが起きる。青森・盛岡・仙台など
               各地で うちこわしが起きる。幕府、百
               姓一揆取締令を出す。この年、冷害の
               ため諸国大飢饉。奥羽地方餓死者多
               数。浅間山噴火

天明六年       大凶  老中田沼意次失脚。幕府、諸国酒造米
               高の減醸令を出す。備前・備中・備後
               の農民、凶作飢饉・米価騰貴で蜂起す
               る。関東・陸奥・未曾有の大洪水、江
               戸の被害大。諸国大凶作

天明七年       半凶  この春夏、諸国大飢饉
寛政一年        凶  クナシリ島のアイヌ反乱を起こす。松
               前藩これを鎮圧する
寛政五年        凶
寛政十一年       凶  江戸・大阪で米価騰貴のため うちこわ
               しが起きる。
文化十年        凶  信濃善光寺町で問屋うちこわされる。
               富山藩農民、豪商・村役人を うちこわ
               す
天保三年       半凶  筑後竹野郡の農民、郡内一帯の大庄屋
               を うちこわす。この冬、阿波美馬郡辻
               町の農民、組頭を うちこわす
天保四年       大凶  兵庫・青森などで米価騰貴のために騒
               動が起きる。幕府、江戸市中の米穀払
               拭につき蔵米を払い下げる。江戸・大
               阪・小浜・広島など全国各地で米価騰
               貴・米買占に対して騒動・うちこわし
               が起きる。この冬、風水害により奥
               羽・関東飢饉
               
天保六年       大凶  秋田藩の能代で物価騰貴に苦しむ市
               民、豪商をうちこわす。この頃、滑稽
               本・人情本さかんに流行する
天保七年       大凶  越前勝山・加賀石川郡・能美郡、駿府
               でうちこわし。甲斐郡内の貧農・日
               雇・大工ら、武装蜂起して甲府城下に
               迫る。三河加茂郡の農民、足助町・拳
               母城下でうちこわし。全国飢饉、奥羽
               地方もっとも甚だしく、死者10万人に
               およぶ

天保八年        凶  大阪で大塩平八郎の乱起こる。大阪・
               兵庫で米価騰貴のため うちこわし。備
               後三原町で うちこわし起こる。幕府御
               救小屋を江戸の品川・板橋・千住・新
               宿に設け飢民を救済する。この春、
               諸国飢饉、餓死多数

天保九年       大凶  佐渡一円の農民、奉行所の悪政を巡見
               使に訴え、8月各地の問屋・富豪を うち
               こわす。 尾形洪庵、大阪に 滴々齋塾を
               開く
天保十年        凶  幕府、渡辺崋山・高野長英らを捕え
               る。この春、京都で豊年踊り流行。こ
               の年、奥羽飢饉、死者・流民多数

慶応二年        凶  倒幕のため薩長同盟成立。将軍家茂
               没。孝明天皇没。この年、全国各地で
               農民一揆・うちこわし未曾有に激化
      
明治二年        凶  横井小楠暗殺される。薩長土肥4藩主、
               版籍奉還を上奏。蝦夷地を北海道と改
               称。各地で農民一揆起こる
明治六年        凶  徴兵令を布告。地租改正条例を布告す
               る。閣議、西郷隆盛の朝鮮派遣決定す
               るが、天皇 岩倉の奏議により朝鮮遣使
               を無期延期(征韓派敗北)とする。こ
               の年、各地で徴兵令反対などの農民一
               揆起こる
明治二十二年      凶  徴兵令を改正(徴兵猶予の制を廃
               止)。三池鉱山を三井へ払下げ。大日
               本帝国憲法などを公布。皇室転籍を定
               める。土地台帳規則を公布
明治二十四年      凶  ロシア皇太子、大津で襲わる(大津事
               件)。濃尾地方に大地震、死者9700余
               日本鉄道、東京・青森間開通
明治三十年       凶  貨幣法公布(金本位制を実施)。足尾
               銅山鉱毒被害民804余名上京し請願運
               動開始。長野・新潟・富山などに米騒
               動起こる 
明治三十五年     大凶  第一銀行、韓国で銀行券を発行する。
               国勢調査を10年毎に施行の件公布。
               甲田山「雪中行軍」で遭難、200余名凍
               死する
明治三十八年     大凶  相続税法・塩専売法公布。旅順のロシ
               ア軍降伏。日露講和条約調印。日比谷
               の講和反対国民大会、御用新聞・交
               番・電車などの焼打ちに発展。軍隊出
               動し鎮圧。東京に戒厳令をしく。平民
               社解散
大正二年        凶  
昭和六年        凶
昭和九年        凶
昭和十年        凶
昭和十五年      半凶

※「凶作年表」は『津軽』と歴史学研究会編『日本史年表』(岩波書店発行第12刷)を参考に作成

天明の飢饉と菅江真澄

天明五年(1785)、江戸時代の紀行作家 菅江真澄が天明三年の飢饉の後に
津軽地方を旅し、見聞きしたことを『菅江真澄遊覧記』第一巻(外が浜風)
に残している。長くなるが引用したい。

をしばらくきて浮田というところへでた。卯の木、床前(西津軽郡森田町)
という村の小道をわけてくると、雪が消え残っているように、草むらに人の白
骨がたくさん乱れ散っていた。あるいは、うず高くつみ重なっている。頭骨な
どの転がっている穴ごとに、ススキやオミナエシのおいでているさまは、見る
心持がしない。「あなめあなめ」とひとりごとをいったのを、うしろの人が聞
いて、
「ごらんなさい、これはみな餓死したものの屍です。過ぐる天明三年の冬から
四年春までは、雪のなかに行き倒れたもののなかにも、まだ息のかよう者が数
知れずありました。その行き倒れ者がだんだん多くなり、重なり伏して道をふ
さぎ、往来の人は、それを踏みこえ通りましたが、夜道や夕ぐれには、あやま
って死骸の骨を踏み折ったり、腐れただれた腹などに足をふみ入れたり、その
臭い匂いをご想像なさい。
なおも助かろうとして、生きている馬をとらえ、くびに綱をつけて屋の梁にひ
きむすび、脇差、あるいは小刀を馬の腹にさして裂き殺し、したたる血をとっ
て、あれこれの草の根を煮て食ったりしました。・・・
そのようなものも食いつくしますと、自分の生んだ子、あるいは弱っている兄
弟家族、また疫病で死にそうなたくさんの人々を、まだ息の絶えないのに脇差
で刺したり、または胸のあたりを食い破って、飢えをしのぎました。人を食っ
た者はつかまって処刑されました。人肉を食ったものの眼は狼などのようにぎ
らぎらと光、馬を食った人はすべて顔色が黒く、いまも生きのびて、多く村々
にいます。」・・・

と泣きながら語って村人は去っていった。この話は真実であろうかと、過ぎ去
った日の惨状を菅江真澄は偲んだという。

”「天明凶歳録」(北田一右衛門記、天明五年十二月、青森県叢書)をみても、
天明三年十月から翌四年八月までの餓死者十万二千余人、死に絶えた家三万余
軒、病死者三万余人、他国へ転退した者八万余人などとあるほどひどかった。
真澄がいったのは、それからなお一年後だったから、もっと被害数は増加して
いたろう。そしてその天明五年も、また先年におとらぬ飢饉であった。・・・
同じ青森県内でもことに津軽藩は、そば、ひえなどの雑穀の多い南部領とはち
がい、水田耕作にたよっていたせいもあって、寒冷による凶作が続き、当時、
不穏な情勢にあった。”
・・・内田武志氏「外が浜風」解説より