津軽-藤枝集落のカッチョと防風林の道

風雪きびしい道

わたしがまだ若かった頃、何を思ったのか陸奥を二年ほど行脚
していた時期がある。北面の武士だった方を気取ったわけでは
ない。文武両道どころか詩の才能は無い、音楽の才能もない、
あるのは初月給で購入した中古の一眼レフだけであった。

日本海から吹付ける季節風がきびしい
雪の日であっても洗濯物は外に干す

そのカメラを袈裟代わりに首にかけ、杖を一脚に換え、どうみても
貧乏ったらしい恰好で茅葺屋根の民家を、道ゆく人々の姿をカメラ
を通して見つめていた。ある時は犬に吠えられて追いかけられ、あ
る時は馬糞を踏んづけ、またある時には牛に睨まれビビったりした
ものである。雪の吹き溜まりに足を踏み入れもがいたこともあった。

雪解けのころ

春が待遠しい

そんなわたしを可哀そうと思ったのか、屋敷内に招いてくれる
ご婦人がいた。いまと違いシャイなワタシは普段なら断るとこ
ろなのだが、飢えと寒さで心身とも参っていたせいか素直に申
し出に従ったものである。 その家で出された茶菓子が「干し餅」
なのである。囲炉裏端で軽く炙り、ほんのり焼き色のついた長
方形の薄いかたちの餅はチョッピリ甘く、空っぽの胃の腑と渇
いた心を満たし暖めてくれた。
ついつい長居をしてしまい、暗くなるまで(室内の電灯はつい
に点灯しないままであった)お邪魔してしまった。 あちこちで
そのような接待を受け、不思議とお年寄りには可愛がってもら
ったものだ。
早いもので、あれから半世紀が経とうとしている。

集落の東には津軽鉄道の列車が走る

次ページに続きます

    津軽-藤枝集落のカッチョと防風林の道” に対して1件のコメントがあります。

    1. ken より:

      子供のころの風景を思い出します。
      懐かしいような、切ないような・・・そんな感情が湧きます。

    この投稿はコメントできません。