松尾芭蕉 「奥の細道」(東京-塩釜)を青春18きっぷでゆく旅

 

松尾芭蕉とは何者ぞ
松尾芭蕉とはいったいどのような人だったのだろうか。芭蕉翁は、
ある人には神と尊ばれているようだ。翁は若い頃より故郷の伊賀
上野で俳諧に親しんでいたと伝えられている。では俳諧とは何な
のだろう。松尾芭蕉そして俳諧というものを知りたくなり、この
夏私の住む関西から陸奥へ「青春18きっぷ」(さすがに徒歩とい
うわけにはいかない)を利用し芭蕉翁の足跡を訪ねた。

題して「おくのほそ道」をたどる。ザックの中には購入したばか
りの文庫本の『おくのほそ道』、『菅江真澄遊覧記』三冊、大判
の鉄道時刻表、そしてカメラと数日分の着替え、この日のために
購入した第五世代の iPad mini 7.9inch (使い方は電車の中で覚
えよう!)。ザックの重みが「瘠骨の肩」にズシリときた。
旅の予算は十万円(連合いから提示された旅費はこれだけ!)。
訪れる歌枕のポイントだけは選び、旅の期間は特に定めていない。
泊まるホテルや旅館も決めて居らず、行き当たりばったりの陸奥
一人旅である。
それでは「おくのほそ道」珍道中の幕開けです。

 

 

都をば霞と共に立ちしかど秋風ぞ吹く白河の関(能因)

 

 

 

草の戸も住み替はる代ぞ雛の家

芭蕉はこの句を表八句のつもりで採茶庵(門人杉風の別宅)の柱に掛
けて置いたという。深川の家の写真が手元に無かったので、このよう
なモノを使わせて頂きました。
※数枚モノクロームの写真が続きます。

 

芭蕉の門人たちは前の晩から集まっては別れを惜しみ、船に乗り千住
まで送ってくれた。

 

隅田川にかかる橋

 

 

 

行く春や鳥啼き魚の目は涙

夜明けの空はぼんやりと霞み、有明の月の光は薄らいでいる。

 

 

千住の宿

宿場町千住もだいぶ変わってしまった。この道をまっつぐ行くと
日光街道に出る。芭蕉と曾良はその道を日光へ向って歩いた。

 

 

北千住駅も立派になり、そばには“丸井“まであるのには驚くばかりである。
お年寄りの町が若者の町に変貌していた。東口には大学まで出来ていた!

 

 

常磐線の線路沿いの飲み屋街。昼間なのに結構人通りが多い。
昔はバラック風の家が軒を並べ、夜になると若い女性が客引
きをしていた覚えがある。

 

 

田一枚植ゑて立ち去る柳かな

まさか芭蕉翁が田植をしたとは思えないのだが(写真は白河市郊外)。

もとなき日数重なるままに、白河の関にかかりて旅心定まりぬ。
“いかで都へ”と便り求めしもことわりなり。中にもこの関は三関の一
にして、風騒の人、心をとどむ。秋風を耳に残し、紅葉を俤にして、
青葉の梢なほあはれなり。卯の花の白妙に、茨の花の咲き添ひて、雪
にも超ゆる心地ぞする。古人冠を正し衣装を改めしことなど、清輔の
筆にもとどめ置かれしとぞ。」

卯の花をかざしに関の晴れ着かな(曾良)

 

【旅の覚書】
白河関址と伝えられるものは何か所もあるので、芭蕉一行はどれが古
の白河の関址か尋ねまわったでことであろう。白河の関は五世紀前半
頃に設置され、蝦夷に対する防衛拠点であった。八世紀の末に縮小、
平安中期には廃止されたと伝えられているので、芭蕉一行がいくら尋
ねまわっても、七百年の時の差は大きく、関址の発見は徒労に終わっ
たのではないだろうか。
陸奥には白河の関のほかに松島・塩竈の浦・壺の碑・武隈など四十六
か所に上がる歌枕の名があるという。芭蕉翁を「おくのほそ道」に駆
り立てたものは、陸奥の歌枕にあったことは当然として、能因法師・
西行法師、それに源義経の足跡を追い、先人の思いを吾が身をもって
探りたかったのではないだろうか。

 

 

何やら怪しげな雲が出てきた。旅の前途を暗示するかのように…

かくして越え行くままに、阿武隈川を渡る。左に会津根高く、
右に岩城・相馬・三春の庄、常陸・下野の地をさかひて山連なる。
影沼といふ所を行くに、今日は空曇りて物影うつらず。」

 

風流の初めや奥の田植ゑ歌

写真は須賀川市郊外の田んぼを写したもの。遠くに見える山並みは
阿武隈山地である。

 

 

みちのくの浅香の沼の花がつみかつ見る人に恋ひやわたらむ(古今和歌集)

窮が宅を出でて五里ばかり、檜皮(日和田)の宿を離れて、
浅香山あり。道より近し。このあたり沼多し。かつみ刈るころも
やや近うなれば、いづれの草を花がつみとはいうふぞと、人々に
尋ねはべれども、さらに知る人なし。沼を尋ね、人に問ひ  “かつ
みかつみ” と尋ね歩きて、日は山の端にかかりぬ。二本松より右
に切れて、黒塚の岩屋一見し、福島に宿る。」

【旅の覚書】
花がつみはシャガに似た花でヒメシャガというようだ。幻の花と
いわれ、郡山市の花に制定されている。

 

安達ケ原を望む

「黒塚」の方角を望む。安達ケ原というより小山が連なっている
開墾地のさまのよう。

 

 

笈も太刀も五月に飾れ紙幟(のぼり)

藤庄司が旧跡は、左の山際一里半ばかりにあり。飯塚の里鯖野と
聞きて、尋ねたづね行くに、丸山といふに尋ねあたる。これ、庄司が
旧館なり。麓に大手の跡など、人の教ふるにまかせて涙を落とし、ま
たかたはらの古寺に一家の石碑を残す。…寺に入りて茶を乞へば、こ
こに義経の太刀・弁慶が笈をとどめて什物とす。」

義経の太刀と弁慶の笈も紙幟といっしょに飾ってほしい、という気持
ちから出た句だろうか。芭蕉翁の義経に対する思いは熱い。その思い
は後々ひしと伝わってくる。
正面に見える山は安達太良山。上三枚の写真は二本松城跡で撮影。

 

 

塩釜に到着
本塩釜駅に到着したのは午後二時を回っていた。塩釜は雨、まず観光
案内所へ向かい、「二時間ほど時間がある」のでどこを見て回るか助
言を得る。もちろん塩釜神社は外せない。そして前夜にインターネッ
トで予約(予算オーバーだった)したホテルへ直行し荷物を置かせて
もらう。
塩釜へ来るまでに「青春18きっぷ」を二回使用した。上野駅から一回
で来ることも可能だったが、白河で一泊したので 二回使用することに
なったのである。

 

 

鹽竈海道

歌碑、モニュメント、要所に風情ある商家が並ぶ塩釜のメインストリート。

 

 

「塩竈に」

「伊勢物語」のモニュメント。このような碑が通りにいくつもある。

物語の内容は、むかし都の鴨川のほとりの六条あたりに、左大臣が
風情のある家に住んでいた。そこで天皇の皇子たちが酒宴をひらき
屋敷のながめのよいことを歌に詠んでいた。そこへ老人がやってき
て詠んだ歌が
塩竈にいつか来にけむ朝なぎに釣りする舟はここに寄らなむ
塩竈にいつのまに来てしまったのだろうか、朝なぎの海で魚釣りを
する舟はここに寄ってほしい、と詠んだのだった。それは、この老
人が陸奥へ行っていた時に、日本の中で塩竈という所ほど風情のあ
る景色のよい所はなかった、と思っていたからである。老人はこの
左大臣の屋敷(庭)を賞美して、「塩竈にいつのまに来てしまった
のだろう」と詠んだのである。

「都の鴨川のほとりの六条あたり」とは東本願寺渉成園(枳殻邸)
をイメージしてもらうとぴったりくると思うのだが、いかがなもの
であろうか? 渉成園は塩竈の景色をモデルにしたと言う説もある
ようなのだ。

 

 

道標「壺の碑」に非ず

より詠み置ける歌枕多く語り伝ふといへども、山崩れ、川流れて、
道改まり、石は埋もれて土に隠れ、木は老いて若木に代はれば、時移
り、代変じて、その跡たしかならぬことのみを、ここに至りて疑ひな
き千載の記念(かたみ)、今眼前に古人の心を閲(けみ)す。行脚の
一徳、存命の喜び、羇旅の労を忘れて、涙も落つるばかりなり。」

 

都を立ったのは祇園祭のころ
わたしが都を立ったのは春霞のころにあらず、まだ梅雨も明けきらぬ
七月の半ば過ぎのこと。鉾町ではコンチキチンの鉦の音が鳴り響いて
いた。そして「青春18きっぷ」の発売前だった。なので東京までは思
案の末東海道新幹線を利用したのだった(新幹線の運賃と特急料金は
予算の少ない旅には痛かった)。さすがに老年の身には夜行バスは辛
かろうと考えてのことである。

「おくのほそ道」出発点の東京で二日間、そして白河で一日、つれづ
れなるままの日を過ごした。貧乏旅行ゆえ宿は親戚の家を頼った。

 

歌枕の地を訪ねる
ここでこれからの旅程を紹介してみたい(興味のない方は先へどうぞ)。
①塩釜の町散策、陸奥第一の神社である塩釜神社参拝
②松島雄島、瑞巌寺参拝
③一関でジャズ喫茶 “ベイシー”詣で。猊鼻渓観光
④中尊寺(金色堂)、毛越寺参拝
⑤盛岡の町で古民家と洋館見学
⑥角館で武家屋敷を見学
⑦鹿角へ内藤湖南先生の生家を訪ねる
⑧男鹿半島、門前へ赤神神社五社堂参拝
⑨秋田市土崎(同人誌「種蒔く人」発祥の地)散策
⑩酒田市で本間美術館、土門拳記念館見学
⑪象潟へ往時を偲ぶ
そして日本海沿岸の在来線を通り都へ戻る…
う~む てんこ盛りの旅程だ。これでは「青春18きっぷ」が何枚必要
やら !?

初めて「青春18きっぷ」を買う!
上野駅で「青春18きっぷ」を購入した。どこで購入するのか迷った。
案内の方に尋ねると自動券売機でも買えるという。「トクトクきっぷ」
とタッチパネルに書いてあるところだ。知らなかった。五枚の券がカ
シャ…カシャと少しの時間をおいて発券される。五回分だからと、一
枚目の券を駅員に差し出すと「これではない」という。渡したものは
「ご案内1」だった。五枚目の券が「青春18きっぷ」なのだった。あ
あ恥かしい、これからは「黄昏81きっぷ」と言い替えたほうが良さそ
うだ。

ところでこれまでの行程と言えば、上野から白河までは在来線を乗継
ぎ四時間余り、白河から塩釜までは福島駅での待ち時間一時間を入れ
て四時間余りであった。出発から数えて実に四日目なのだ。いくら時
間を持て余しているとはいえ、これでは終わりが見えない!
体力の限界が先か、それとも先立つものが乏しくなり旅を切り上げる
のが先だろうか。旅は始まったばかりなのに不安ばかりが募る。
芭蕉翁のように「羇旅辺土の行脚、捨身無常の観念、道路に死なん、
これ天の命なり」というような覚悟もない わたしなのだ。

 

 

 

 

塩釜神社表参道

杉木立の先端が雨に煙っていた。

 

 

 

 

陸奥国一宮の扁額

 

 

二百余段の石段

 

 

 

 

 

 

参道石段を見下ろす。

 

 

 

 

 

 

 

表参道随身門

 

 

狛犬

 

 

 

振り返り随身門を見る。

 

塩釜神社拝殿

 

 

 

朝、塩竈の明神に詣づ、国守再興せられて、宮柱ふとしく、
彩瑑(さいてん)きらびやかに、石の階(きざはし)九仞(きゅ
うじん)に重なり、朝日朱の玉垣をかかやかす。」

 

 

朱漆塗銅板葺入母屋造の拝殿。手前には文治神灯が見える。

 

 

 

 

宮本殿

拝殿奥に見える素木造檜皮葺の右宮本殿。

 

宮本殿

 

 

「別宮」本殿

唐門をくぐり右手に鎮座するのが塩釜神社の主祭神塩土老翁神
(しおつちおじかみ)を祀る本殿である。

 

御待所

 

 

 

伊達家奉納の灯籠

 

 

 

 

 

 

 

 

和泉三郎の宝灯

 

 

 

前に古き宝灯あり。鉄の扉の面に“文治三年和泉三郎寄進”とあり。
五百年来の俤、今目の前に浮びて、そぞろに珍し。」

※和泉三郎とは
藤原秀衡の三男忠衡で、灯籠寄進の二年後、一族ことごとく父の遺命に
叛いた兄泰衡の襲撃を受け、義経とともに戦死した。灯籠は今に残る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社殿参拝を終え裏参道へ抜ける。右手に唐門がある。

 

舞殿

 

 

 

舞殿の屋根を貫く杉の大樹が珍しい。

 

絵馬堂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東神門

門をくぐると左手に絵馬堂と舞殿がある。

 

 

 

 

裏参道鳥居

裏参道のほうが表参道より古い感じがあり、長い参道は趣がある。

 

貴賓館

貴賓館より眺める千賀の浦はなかなか良いのだが、近代的な建物が
目立つのが惜しい。

 

千賀の浦(塩釜湾)

写真左端に籬が島があり、その奥に松島湾がある。

 

 

裏参道がつづく。

 

裏参道入口に建つ碑

この辺りに芭蕉一行が泊まった。法連寺(明治四年廃寺)門前の治兵衛の家
はこの辺にあったのだろう。あたりは暗くなってきていたが、「目盲法師の
琵琶を鳴らす奥浄瑠璃を語る」声や入相の鐘の音は聞こえてはこなかった。

 

 

 

 

 

竈の浦に入相の鐘を聞く。五月雨の空いささか晴れて、夕月夜幽かに、
籬が島もほど近し。蜑(あま)の小舟漕ぎ連れて、肴分かつ声々に“つなで
かなしも”と詠みけん心も知られて、いとどあはれなり。その夜、目盲法師
の、琵琶を鳴らして、奥浄瑠璃といふものを語る。 平家にもあらず、舞ひ
にもあらず、ひなびたる調子うち上げて、枕近うかしましけれど、 さすが
に辺土の遺風忘れざるものから、殊勝におぼえらる。」

 

 

御釜神社

塩釜神社の末社で裏参道を出てすぐの所に鎮座する。塩釜神社別宮と同じ
祭神である塩土老翁神を祀っている。

 

神釜奉置所

扉の向うには塩釜の名の由来となった四口の神釜が安置されている。
参拝したければ初穂料を納めれば拝観できる。芭蕉翁もここを訪れ
ているので神釜を見ているかもしれない。

 

御釜神社本殿

 

 

塩焼釜

 

 

塩釜の商家

かつてこの一帯は海岸線であった。芭蕉翁が松島へ船で立ったのは
この辺りのようだ。

 

 

太田屋の倉庫だろうか(棟続きになっている)。

 

 

 

 

醸造所

 

 

まちかど博物館(旧ゑびや旅館)

御釜神社の向いにある。

 

 

鹽竈海道沿いにある石積の倉庫。

 

 

 

 

旅行といえば梅雨時を選ぶのが多いわたしである。今回はカメラの設定を
変更してみた。通常RAWで撮影することが多いのだが、それをJPEGに変
更、加えて測光方式を中央重点からマルチパターンに変更してみた。それ
が裏目に出たのか、全ての写真が一段階露出不足になっていた。これはひ
と手間救済処置が必要だ。

 

※続きます。明日はいよいよ松島へ。
※一部古い写真を使用しています。

 

 

【おくのほそ道探求情報】
・『おくのほそ道』松尾芭蕉著(角川書店編)、角川ソフィア文庫
・『新版おくのほそ道・曾良随行日記付き』潁原退蔵・尾形仂訳注、
角川ソフィア文庫
・『芭蕉俳句集』松尾芭蕉著(岩波書店編)、岩波文庫
・『芭蕉紀行文集』松尾芭蕉著(岩波書店編)、岩波文庫
・『芭蕉入門』井本農一著、講談社学術文庫
・『北越雪譜』鈴木牧之著、(岩波書店編)、岩波文庫
・『われもまたおくのほそ道』森 敦著、講談社学術文庫
・『伊勢物語』阿部俊子訳注、講談社学術文庫
・幸田露伴全集(新版、岩波書店)

 

 

 

 

 

    松尾芭蕉 「奥の細道」(東京-塩釜)を青春18きっぷでゆく旅” に対して 2 件のコメントがあります

    1. koji-kame より:

      早速のコメント有難うございます。このシリーズしばらく続きます。まさに珍道中でした。

    2. ken より:

      こんばんは。
      奥の細道を辿る旅、楽しませて頂いてます。
      旅費を出して下さる奥様も優しいですね。
      僕の場合は、趣味のお金はお小遣いからと決められています。(涙)
      続きも、楽しみに拝見させて頂きますね。

    この投稿はコメントできません。