昭和の記憶 - 運河

 

 

 

 

 

 

黄昏のベニスとは似ても似つかぬ港町十三番地の夕暮れ。

 

 

 

 

    昭和の記憶 - 運河” に対して 2 件のコメントがあります

    1. koji-kame より:

      昭和四十年代の都会の川は、釣り船とハシケでふさがっていましたね。
      あの日本橋も「情緒」とは程遠い環境でした。

    2. ken より:

      こんな光景は今は何処に行っても見れないでしょうね。
      犬を抱いている少年も昭和っぽくて良いですね。
      船の上の洗濯物も素敵です。

    コメントを残す