京都北山 巨樹の森の四季(前編)

 

巨樹の森の冬から春へ
京都市北部、いわゆる北山と呼ばれる地域に鬱蒼としたアシウスギの
巨樹群があるとは、京都市民にとっても俄かには信じ難いことかもし
れない。遠く屋久島まで行かなくても縄文杉に準じる巨樹を観察する
ことが出来るのだから有難いではありませんか。
アシウスギ(ウラスギ)とは京都の庭園でよく見かける「伏条台杉」
の親分のようなもので、地上から少し上のところで幹を切断するとそ
の位置から再び「ひこばえ」状の芽が出て、複数の若い幹を観賞する
ことができるのだとか。元は北山で林業に従事する杣人がその方法を
編み出し、手頃な太さの杉を取っていたのだろう。
巨樹の森の四季を、ここでは冬から春を紹介しよう。

 

 

積雪期のアシウスギ

北山の風景で最も美しい時期は、雪の降る季節だという。

 

 

アシウスギ群生地

アシウスギの巨樹を求めて北山を探索すること二年、思いもしない近い
ところに探し求めていた巨樹群があった。なんでも幹回りの太さは屋久
島の縄文杉にも劣らないとか。北山のアシウスギ(ウラスギ)の特徴は
「伏条台杉」にあると言い、雪の重みで木の枝が垂れ下がって地面に着
き、そこから根付き芽が出て再び若木が成長するのだとか。以前に立山
にもアシウスギの巨樹があると聞いたことがある。

 

 

「片波川源流域伏条台杉群生地」には観察路が整備され、主要な巨木
には名が付けられている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後の遅い時間だったので、西日が後光が射しているように見える。

 

 

 

 

右側の木に伏条台杉の特徴が出ている(若い幹が真っすぐに上に伸びて
いる)。

 

 

 

山の斜面にへばりつくように根を下ろしている(長年の積雪で根元が
曲っているのが分る)。

 

 

 

 

 

 

 

京都バスの起点である叡電出町柳駅からバスに乗り、一時間ほどで大布施
に到着する。ここから歩いて通常なら二時間ほどで「片波川源流域伏条台
杉群生地」に着く。
暮れも押し迫った休日、たまたま雪が降ったので片波山に出かけてみた。
夏には訪れていたものの、是非とも積雪期に再訪してみたいと思っていた。
積雪も二三十センチほどで歩くのに支障はない。最終バスの時間を気にし
ながら写真撮影する。帰りには朧月夜で趣はあったのだが、とぼとぼと一
人寂しく夜道を歩いた覚えがある。

 

 

由良川源流域

 

 

 

 

雪解けが始まっている。

 

 

 

旧トロッコ道より由良川を覗く。

 

 

早春の芦生の森

ミズナラだろうか、リズミカルに山の斜面に立並んでいる。

 

 

 

 

 

 

カツラの巨樹

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真手前の高木は植林されたもののようだ(長治谷作業小屋付近)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カツラに着生するヤマザクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブナ

 

 

 

ブナ林

 

 

 

アシウスギとヤマツツジ

 

 

 

トチノキ

 

 

 

トチノキの巨樹

 

続きます…

※片波川源流域伏条台杉群生地へ行くには、叡電出町柳駅から京都バス
でいく方法(日帰り可)と自動車でいく方法(京都駅から約二時間)が
ある。自動車で行く方法は、林道は狭く駐車スペースも限られているの
であまりお奨めできない(昨年の台風被害で通行できるかどうか?)。
以前は観察会ツアーもあったようだが、最近は聞かないので積極的に世
間に知らせてはいないようだ。熊は勿論のこと、山ヒル(足元から這い
上がって血を吸います)の生息地なので、それなりの用意と覚悟が必要。

撮影年:1980-1990年代

 

 

 

 

 

 

    京都北山 巨樹の森の四季(前編)” に対して 2 件のコメントがあります

    1. ken より:

      熊や山ヒルと聞いただけで、足が竦みます。
      今も暗室でプリントされているのですか。
      フィルムカメラの中古や暗室道具の価格は下がりましたが、品物もどんどん製造中止になっている現状は少し心配でもあります。
      確かに「喜んでいいやら悲しんでいいやら」ですね。
      最近は4X5の引伸し機を探しているのですが、なかなか見つかりません。
      Nikonのデジカメ決まりましたか?
      買ったデジカメの写真も楽しみに待ってます。

      1. koji-kame より:

        早速のコメント有難うございます。
        現在は暗室でのプリントやフイルム現像はしていません。
        でも、モノクロフイルムの現像はしたいと思ってはいるのですが、なかなか手が出ません。トライXをまた使ってみたいですね(ニコン、キヤノン、ペンタの銀塩カメラが泣いています)。
        夏ごろに「陰翳礼讃」をテーマにしたモノクロの建築写真を
        投稿予定です。
         kame

    コメントを残す