井原鉄道の旅 ー まさかの倉敷市真備町、矢掛町

 

幾日も雨の日が続き、どこかで水害が起きなければよいがと思って
いた。
小田川の堤防が決壊し、町は濁水に飲まれているという報道に接し
た時、「倉敷市真備町」というテロップが画面に流れた。そこで見
た光景は信じられないような光景であった。もしや先年楽しい旅路
を送ったあの沿線ではないだろうか?
そんな不安が脳裏を横切った。…そして不安は的中してしまった。
不安の元は、かつて小田川が氾濫し、矢掛の町が水害に遭ったこと
が記憶の片隅に残っていたからである。私に出来ることといったら、
一日も早く町が復興することを願うばかりである。

※この記事は以前に別ブログで紹介したものです。

伯備線清音駅

倉敷方面に向う電車がホームへ入ってきた。

 

 

 

向うに見える電車が井原鉄道井原線である。真備町や矢掛町へ行く
には、この駅で乗換える。清音駅付近の水害は報じられていなかっ
たように思うが、確かなことは遠方に住んでいる者には分らない。
井原鉄道では、高梁川を渡る橋梁がダイナミックに見えたものだ。
一つ目の駅の川辺宿駅、真備駅あたりまでは人家が多かったように
思うが、そこを過ぎると田畑の残る、のどかな田舎の景色を見るこ
とができた。いまあの景色はどのような状態になっているのだろう
か。…考えると胸が痛む。

 

 

 

矢掛駅より真備町方面を望む

井原鉄道を利用し矢掛町を訪れたのは四年前の九月ことだ。以前より
矢掛の町並みに興味を持っていたので、勤務を変更してもらい念願が
適ったのだった。
井原鉄道に乗り、違和感を持ったことが一つあった。それは何かとい
えば線路が高架になっていたことである。コストのかかる高架にした
のには何か理由があるのだろう。もしや古より連綿と続く水害の教訓
だったのだろうか。それとも道路との平面交差が無いことによる高速
鉄道を目指していたということか。

 

 

 

 

 

 

矢掛駅ホームより町の中心部を望む

「西日本豪雨」被害により、矢掛町でも小田川の堤防が三カ所決壊
し町民への被害も少なからずあったようだ。

 

 

 

ホームを降り北の方角を望む

以前(1976年)の豪雨被害では、写真に見える北の山々に大雨が
降り小田川が溢水した。

 

 

 

矢掛駅

駅の中には町を紹介をするコーナーがある。

 

 

 

矢掛町のメインストリート(山陽道)

例年十一月には、この通りを「大名行列」が時代衣装で練り歩く。

 

 

 

矢掛町は旧山陽道の宿場町であった。かの篤姫も陣屋に宿をとった。

 

 

 

町の電器屋さんの店構えにも年期が感じられる。

 

 

 

元は商家だろうか、豪壮な建物である。

 

 

 

重厚な本瓦葺の屋根と二階の虫籠窓がまるで城のようだ。

 

 

 

古い家では、石段を二三段上がり玄関に通じる造りになっている。
このことからも昔から小田川の洪水には悩まされてきたことが分る。
意外なことに、川底より山陽道のほうが低い位置にあったという。

 

 

 

山陽道に面した「矢掛屋」という日本家屋をリノベーションした和風
ホテルに宿泊した。温泉もあり、夕食には「イタリア料理」も出て満
足した夕餉を済ませた。とてもリーズナブルな宿だった(うっかりし
たことに宿の写真は撮っていなかった)。

 

 

 

 

趣のある路地や建物が残されているのが嬉しい。町ぐるみで
保存に取組んでいるのだろう。

 

 

古意庵

私設の美術館を裏から撮影。この美術館では、主に“民芸”風の
陶磁器を展示している。土蔵は嘉永五年のもので第一回岡山景
観賞を受賞している。土蔵は、水害を考慮した石組の基礎構造
だという。
鑑賞後に居間に招いていただき珈琲をご馳走になった。コレク
ションの目録の中に、私の持っている九谷の赤絵の酒杯と同じ
ものがあった。

 

 

 

旧脇本陣北側の土蔵と塀

 

 

 

山陽道北側の路地

メインストリートの北側には重厚な土蔵が建ち並んでいる。

 

 

 

 

 

 

旧矢掛脇本陣(高草家)

 

 

 

 

 

 

 

 

一つの宿場町で本陣、脇本陣と二つの本陣があるのは矢掛だけだ
という。平日は公開していないので、残念ながら建物内部は見学
することはできなかった。国指定重要文化財である。

 

 

 

地蔵堂(?)とモダンな意匠の「交譲会館」の対比が面白い。
建物の後方にトラックが見えるが、そこが小田川の堤防である。
四年前訪れた時にも河川の工事は続いていたのだが、今回の水
害は起きてしまった。