京都御苑早春譜 (徒然草・兼好法師の眼差し)

 

 

 

“春暮れて後、夏になり、夏果てて、秋の来るにはあらず。
春はやがて夏の気をもよほし、夏より既に秋はかよひ、
秋はすなはち寒くなり、十月は小春の天気、草も青くなり、
梅もつぼみぬ。木の葉の落つるも、まづ落ちて芽ぐむには
あらず。下よりきざしつはるに堪へずして落つるなり。
迎ふる気、下に設けたるゆゑに、待ちとるついで甚だはや
し。

※上の写真は、京都御苑越しに望む東山の夜明け。

 

 

 

 

生・老・病・死の移り来る事、またこれに過ぎたり、
四季はなほ定まれるついであり。死期はついでを待たず。
死は前よりしも来らず、かねて後ろに迫れり。
人皆死ある事を知りて、待つこと、しかも急ならざるに、
覚えして来る。
沖の干潟遥かなれども、磯より潮の満つるがごとし。”

…『徒然草』第百五十五段より

 

 

 

なにかと鴨長明と比べられる兼好法師である。
ある人が言うには「西行は自然だけを見、長明は自己だけを、
兼好は人間だけを見ていた」という。はたしてそうであろうか。
『方丈記』の冒頭「行く河の流れは絶えずして、しかも、もと
の水にあらず。…」にしろ、兼好法師の『徒然草』第百五十五
段で述べていることにしろ、実によく自然を観察している。

「木の葉の落つるも、まづ落ちて芽ぐむにはあらず。下よりき
ざしつはるに堪へずして落つるなり。」など、不覚にも “目か
ら鱗が落ちた” 状態になってしまった。というのは、その段を
読んだ後、秋から冬にかけてモミジの芽吹きを観察したことが
あった。実際、兼好法師の書いた通りであった。
う~む、これは「自然の弁証法」ではないか、などとこの段を
読み感心してしまった。

 

 

 

 

『自然の弁証法』とは19世紀のドイツの思想家が著した”草稿”
だったような。鴨長明や兼好法師は、それより数百年早く、自然
を観察して弁証法を会得していたのである !?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠くに見える山は鞍馬山。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の風景の特徴
日本の風景は、日本の風景としてある特徴をもっているという。
世間一般では桜の木(花)が、ここかしこに見られるが、もう
一つ日本を代表する木には松の木がある。
たとえば松の生えていない山の稜線を、松の見当たらない高山
の岩肌を、水墨画で、霞立つもやの中に黒く浮き上がる松のシ
ルエットが無かったなら。……
そのような光景を想像できるであろうか。しつこいようだが、
もし日本三景のうちの “松島”の島々に、もし丹後の “天橋立”に、
あるいは又 “三保の松原”(日本三景に非ず)に松が無かったと
したなら、日本三景に選ばれるどころか、 何の趣もない景色で
あろうし、歌に詠まれることもなかったであろう。

 

 

 

 

 

京都御苑の松
自然の景色や神仙の思想をこじんまりとまとめた庭園についても、
それは当てはまるように思える。松の無い庭園はどこかさみしい。
趣がない。雪の降る朝に、窓外に真綿のような白い雪をかぶった
松が見られないのは想像もしたくない。ところが大抵のひとは、
桜や梅の花に目はいっても、松の枝葉は目に留まらない。あまり
に当たり前すぎて、空気のような存在なので気にもしていないの
だ。
その松だが、京都御苑には夥しいほどの数の松が植えられている。
樹齢数百年の松はざらにあり、その枝ぶりを愛でて写真撮影をし
ている人は欧米の観光客ばかりである。
苑内には約五万本の樹木があり、その一本一本には番号が打たれ、
管理されているのだ。