しのびたる所にありては

 

“人目をしのんで男女が逢っている所にあっては、夏が趣がある。
ひどく短い夏の夜がもう明けてしまうので、一晩中まったく眠ら
ないで朝を迎えてしまう。そのまま、どこもかしこも、昼間と同
じようにようにあけ放したままにしてあるので、涼しくすっかり
あたりも見渡される。そんな所でやはりもう少し話し残したこと
があるので、お互いに受け答えなどしていると、座っているすぐ
その真上から、烏が高く鳴いていくのこそ、まるで誰かにこの場
を見られているようなあらわな気がして、おもしろい。

 

 

 

 

また、冬のたいそう寒い夜、夜具に埋もれて寝たまま聞いていると、
鐘の音がまるでなにかの底で鳴るように籠って聞こえるのは、とても
おもしろい。
鶏の声も、はじめのうちは羽の中にくちばしを埋めたように鳴く声が、
口ごもったように鳴くので、とても深く遠い所からのように聞こえる
その声が、しだいに明けてくるのにつれて近々と聞こえるのも、おも
しろい。”
…『枕草紙』第六十九段

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男勝りで気の強い清少納言と思われているが、意外にも心やさしい
所や女らしい所がある。想像だけでは書けるものではないだろう、
と思う章段がたびたび出てくるのだ。清少納言のまわりには、精神
的に深いつながりのある男が二三人出てくるのだが、それ以上の進
展がない。年若くして諦観したような所があるように思えるのだ。