京都御苑に降る雪は Kyoto Gyoen National Garden

 

雪のおもしろう降りたりし朝
“雪が趣深く降った朝、ある人のもとに、所用のために手紙を送った際、
雪のことに何もふれなかった。その返事に、「この雪をいかが御覧です
かと、一言のあいさつもないような、そんな粗野なお方の仰せを受け入
れるわけにはいきません。それにしてもがっかりさせられる御心の浅さ
です」と言って来たのは、おもしろかった。
今はなき人の思い出なので、この程度の事も忘れがたい。”
…『徒然草』第三十一段

 

 

蛤御門

 

 

 

清水谷家の椋

 

 

 

九條池

 

 

 

出水の小川

 

 

 

ハゼの木

この辺りに紀貫之の邸宅があったという。

 

 

クスノキ

 

 

 

宗像神社のエノキ

 

 

 

拾翠亭(しゅうすいてい)

 

 

兼好の生きた時代、雪の朝には気のおけない者同士がその興趣を
ともにするならわしがあったという。手紙の相手は女性であろう
が、それほど思い入れのある方ではなかったのか、たあいもない
出来事として回想している。空想がふくらむ段である。

 

 

建春門

 

 

京都御苑の積雪は年に一二度あるかどうかである。撮影のタイミング
となると数年に一度といってよいほど。朝に雪が積もっていれば、カ
メラをバッグに放り込み一目散に京都御苑を目指す。

 

 

 

 

    コメントを残す