吹雪く小泊道

 

 

かつては数多くの牛馬が木材や米を乗せて十三湊や小泊へ運び、
にぎやかな通りであった小泊道。数百年の時を経て、撮影当時
はその見る影もない。ただ風だけが街道を通り抜けていく光景
は、凄まじいまでの寂寥感であった。

 

 

 

四季を通して二年間、幾度この道を歩いたであろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※撮影年:1970年代