つれづれ草ーよろづにいみじくとも

 

“万事にすぐれていても、恋の情緒を解さないような男はひどく
物足りないものであって、そんな男を見ると、底のない玉の杯
のような感じがするにちがいない。

 

 

 

露や霜に濡れて、女を求めてあてもなくさまよい歩き、親の意
見や世間の非難を気にするので心の落ち着く時もなく、あれこ
れと思い乱れ、そのくせ独り寝をすることが多く、熟睡する夜
もない、というようなのが男としておもしろい。

 

 

 

恋に夢中になってはいても、ひたすら溺れこんでいるというふう
ではなくて、女に一目置かれているというのが、好ましい生き方
であろう。”

…『徒然草』第三段

 

 

 

 

兼好は若いころの自分を思い描いているのだろうか。