つれづれ草-いでや、この世に生れては

 

“さて、人がこの世に生れてきたからには、当然だれでも願うことが
いろいろあるようだ。
まず身分についていうなら、天皇の御位などは話題とするのもおそ
れおおい。

 

 

 

ところで、法師くらい、うらやましくない者はあるまい。彼らに
ついて、「人にまるで木の切れはしのように思われていることよ」
と清少納言が書いているのも、ほんとうにもっともなことだ。

 

 

 

かといって、声望が高く、世間の評判になっても、それですばら
しいとは思われない。増賀ひじりが言ったように、出家者にとっ
て名声は無用の束縛であり、仏のみ教えに背くことだろうと思わ
れる。むしろ、まったく世間を超越して修行にはげむ遁世者のほ
うが、人から無視されるが、かえって好ましいものを持っている
だろう。”

…『徒然草』第一段

 

 

 

 

 

「思はん子を法師になしたらんこそ心苦しけれ。ただ木のはしなど
のやうに思ひたるこそ、いといとほしけれ。」…『枕草紙』

平安のむかしには、法師というものは情けを解さぬつまらぬ人間と
思われていたようである。清少納言はつづけてこう述べている。
「精進物の、たいそう粗末な物を食べ、寝ることまでとかくいわれ
る。いくら法師でも若い者は好奇心もあろう。女などのいる所だっ
て、どうして忌み嫌ったように少しも覗かないでいられよう。しか
し、そうしたことも世間の人は、とんでもないことと非難する。」
…【思はん子を法師になしたらんこそ】(現代語訳)

『徒然草』は『枕草紙』とともに私の好きな“随筆”である。
人間観察の書であり、またすぐれた自然観察の書でもあると思って
いる。このブログで吉田兼好の見つめていたもの、思っていたこと
を無謀にも写真で視覚化を試みたいと思っている。不定期で、つれ
づれなるままに投稿する予定である。