内藤湖南先生の背を見つめて

 

 

 

内藤湖南
内藤湖南という名を知ったのはいつ頃のことだろうか。
いまより、ずっと若い頃のことだと思う。名前からして幕末の学者
であろう、何故かそう思っていた。
年末に、古書店である本を手にし購入した。日本の名著『内藤湖南』
という題である。編集者は小川環樹氏、あの湯川秀樹博士の弟であ
る。どうでもよいことだが、わが愚息は湯川秀樹氏や小川環樹氏が
卒業した小学校に通っていた(だから優秀な頭脳の持ち主というわ
けではないのだが)。

近畿地方における神社
その本は活字が細かく、老眼の目には、いや凡人の頭には少々読み
にくかったのであるが、いくつか「目から鱗が落ちる」箇所があっ
た(小川環樹氏の巻頭文「内藤湖南の学問とその生涯」を読むだけ
でも、その本を買った価値がある)。
たとえば『日本文化史研究』の中の「近畿地方における神社」であ
る。神社とはどのようなものであるか、文字に残されていない歴史
は“神社”の成り立ちを調べていけば糸口がつかめる、ということな
ど。下鴨神社の境内の隅にある柊神社(出雲井於神社)を知っては
いたが、読後には早速下鴨神社や田中神社へ足を運んでしまったほ
どである。加茂氏以前の京都北部の歴史を垣間見た気がして実に面
白かった(100年ほど前の講演記録であるから、現在ではもっと研
究が進んでいるはず)。

 

 

法然院山門

 

応仁の乱について
湖南先生は言う。今日の日本を知るために古代の歴史を研究をする
必要はない。「応仁の乱以後の歴史を知っておったらそれでたくさ
んです」。そしてまた “下剋上” の本当の意味とは!?

 

 

 

 

湖南その生い立ち
内藤湖南は慶応二年(1866)、秋田県の北部十和田湖の南の地で
生まれた。名は虎次郎。湖南は号である。父は十湾、どちらも十和
田湖にちなんでつけられた。南部藩の鹿角郡毛馬内で父も祖父も儒
者であり、湖南は子どもの頃から出来の良い子どもとして近隣に知
られていたようである。

 

晩秋のある日、食後の散歩がてらに久しぶりに法然院まで足を運んだ。
そういえば湖南先生のお墓は法然院にあったはず。以前に写真で見た
ことがある。その記憶を頼りに墓地の中を徘徊し探すこと十分ばかり。
九鬼周造先生の墓がある。そこから南へ歩けば遠目に、杉木立越しに
“湖南内藤” の文字が目に入った。見つけることは困難と思っていたの
だが、難なく探し出すことができた。
湖南先生のことをもっと知りたくなった 近ごろである。

 

 

 

 

    コメントを残す