下北八景 – 尻屋崎山背

 

 

 

下北半島の東北端に位置する尻屋崎。ヤマセという夏場に吹く冷たい東風
はこの地より西に向って吹く。かつては”不毛の大地”といわれたこの地に
会津藩士が移封された。

 

 

 

 

灯台に風吹き雲は時追えりあこがれきしはこの海ならず

…寺山修司『初期歌編』より