枕草子抄 野分のまたの日こそ

 

野分のまたの日こそ いみじうあはれに おぼゆれ

立蔀 透垣などの乱れたるに 前裁どもいと苦しげなり

大きなる木どもも倒れ 枝など吹き折られたるが

萩 女郎花などの上によころばひ伏せる いと思はずなり

格子の壺などに 木の葉をことさらにしたらんやうに

こまごまと吹き入れたるこそ 荒かりつる風のしわざとはおぼえぬ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いと濃き衣のうはぐもりたるに 黄朽葉の織物 薄物などの小袿着てまことしう

清げなる人の 夜は風のさわぎに寝られざりければ 久しう寝起きたるままに

母屋よりすこしゐざり出でたる 髪は風に吹きまよはされて

すこしうちふくだみたるが 肩にかかれるほど まことにめでたし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もののあはれなる気色に 見出して 「むべ山風を」

など言ひたるも心あらんと見ゆるに 十七 八ばかりにやあらん

小さうはあらねど わざと大人とは見えぬが

生絹(すずし)の単衣のいみじうほころび絶え はなもかへり

濡れなどしたる薄色の宿直物を着て 髪 色に こまごまとうるはしう

末も尾花のやうにて 丈ばかりなりければ 衣の裾に隠れて

袴のそばそばより見ゆるに 童 若き人々の 根ごめに吹き折られたる

ここかしこに取り集め 起し立てなどするを

うらやましげにおしはりて 簾(す)に添ひたる後手もをかし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“あはれなるもの”

秋深き庭の浅茅に 露の色々玉のやうにて置きたる

 

 

 

    コメントを残す