曼殊院門跡 数寄の意匠 Manshuin  “Wabi ‐ sabi“

 

寂び侘びとは口と身と心を慎み、おごることなく正直に日々を送る中で、閑寂さの中に奥深

いものや豊かなものが自ずと感じられる美しさを言います。不足の中に豊かさを、さびしい

中に美しさを感じる。これが曼殊院です。

曼殊院門跡「事々物々」より

 

障子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茶室

 

 

 

 

廊下・高欄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小書院扁額「閑酔亭」

 

 

 

 

壁・軒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引き戸

 

 

 

 

釘隠し(富士)

 

 

 

 

釘隠し(十弁の菊)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杉戸引手金具(瓢箪)

 

 

 

 

書院