京都洛北 門跡寺院曼殊院 数寄屋造とその意匠 Manshuin  “Wabi ‐ sabi“

だいぶ以前のことだが、谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」に魅せられて京都市
内の寺々や古民家を撮り歩いたことがある。そのうちの一つが洛北にあ
る曼殊院門跡だった。

寂び侘びとは口と身と心を慎み、おごることなく正直に日々を送る中で
、閑寂さの中に奥深いものや豊かなものが自ずと感じられる美しさを言
います。不足の中に豊かさを、さびしい中に美しさを感じる。これが曼
殊院です。

曼殊院門跡「事々物々」より

 

障子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茶室

 

 

 

 

廊下・高欄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小書院扁額「閑酔亭」

 

 

 

 

壁・軒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引き戸

 

 

 

 

釘隠し(富士)

 

 

 

 

釘隠し(十弁の菊)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杉戸引手金具(瓢箪)

 

 

 

 

書院