北方の地 津軽 ”Unbeaten Tracks in Japan”

津軽への先入観
私が働いていた職場に津軽出身の先輩がいた。秋の彼岸に田舎へ帰ると
いうので私も連れて行ってもらった。「津軽の人の生活が見たい」と言
うと、「東京と同じ」と苦笑していた。なるほど、その先輩の家はリン
ゴ農家だったが東京で見かける普通の家と同じで快適な造りだったし、
普通にカラーテレビを居間で見ていた。どうやら私には先入観があった
ようだ。

イザベラ・バードと津軽
ところで英国人女性 Isabella・L・Bird という名の旅行作家(写真家・
地理学者)が、明治十一年(1878)に日本を訪れ東北・蝦夷地を旅し
日本奥地紀行』を著し、主に北日本を欧米に紹介した人物がいたこと
をご存知だろうか。当時、その全行程を馬あるいは徒歩で踏破したヨー
ロッパ人はだれ一人いなかった(外国人には東北・蝦夷地の情報を得よ
うとしても、全くといってよいほど得られない状況であった時代である)。
『日本奥地紀行』に当時の津軽地方の農民の生活を記述したところがあ
るので是非とも紹介したい。

 

途中通ったいくつかの農村の人々は非常に原始的な家に住んでいた。
まるで木の枠組みに手で土を塗りつけたような土壁の露出する家だっ
た。その壁は内側にやや傾き、草葺きの屋根は粗末であり、軒は深く、
軒下には木材が実に雑然とうず高く積んであった。煙出しのある家は
ほとんどなく、たいていの家では、まるで英国の煉瓦焼き窯のように、
至る所から煙が出ていた。窓はなく、壁も垂木も黒光りしていた。薄
暗い家の中は二つの部分に分かれており、一方には鶏や馬が、他方に
は人間が住んでいた。家の中は素裸の子供でいっぱいだった。

そして夕方再び通りかかった時には、男女の別なく諸肌になった大人
たちが家の外に座り込み、その傍らにはお守りだけを身につけた素裸
の子供たちと数匹の大きな黄色い犬がいた。犬もまるで家族の一員の
ようで、犬の顔も、子供の顔も、大人の顔も、すべての顔が穏やかで、
満ち足りた感じがした!

たくさんの良馬を所有しており、豊かな作物にも恵まれている。祭の
日にはきっと、たくさんもっている着物の中から選んだもの(晴れ着)
を着るのであろう。身の回りのものに関する限りそんなに貧しいとは
思えない。非常に辺鄙なところに住んでいるだけのことである。彼ら
はこれ以上の暮らしを知らず、現状に満足している。ただ、その住ま
いはこれまで見たもののうちで最もひどく、この素朴な楽園の人々は
土埃にまみれていた。週に一度沐浴するのかどうかさえも疑わしいほ
どだった。」
……東洋文庫『新訳 日本奥地紀行』第三十報より引用

私が津軽を訪れた90年余り前の記述である。事実をありのままに書い
たというし、読んでいて違和感は無かった。その後 彼女は関西を訪れ、
奇しくも私が働いていたところにも来訪していたことを、その本から
知った。

 

 

 

 

 

身ごしらえ

おや、失礼…

 

 

稲藁くくり

後方に見られるように、この田では稲を乾燥させるのに、棒杭に同心円状に
稲藁を積み重ねる方法もとっていた。

 

 

豊作の年

見事なまでに稲穂がたわわに実っている。

 

 

 

とても天気の良い日で、秋の日差しが目に眩しかった。

 

 

脱穀作業

 

 

 

 

野焼きが社会問題化しはじめていた。

 

 

お山(岩木山)

五穀豊穣を願う山である。
岩木山は津軽平野のどの場所からみても美しい。金木町出身の太宰治に
よれば、「…岩木山が、満目の水田の尽きるところに、ふわりと浮んで
いる。実際、軽く浮んでいる感じなのである。したたるほど真っ蒼で、
富士山よりもっと女らしく、十二単衣の裾を、銀杏の葉をさかさに立て
たようにぱらりとひらいて左右の均整も正しく、静かに青空に浮んでい
る。」…『津軽』より引用

 

 

 

岩木川越しに望む津軽富士。橋を往復したことは覚えているのだが、
撮影場所は思い出せない。

 

※続きます。