秋の津軽野をゆく

 

陸奥、奥州、青森という文字を目にすると、辺境の地、田舎というイメージが
先行し、とても憧れの地とは考えられないだろう。ところが平安のその昔には、
憧れをもって歌に詠まれていたのである。
たとえば “中古三十六歌仙” の一人能因は

都をば霞とともにたちしかど秋風ぞ吹く白河の関

と詠んでいるように、都から遠く離れた陸奥は憧れをもって平安貴族たちに歌枕
の題材になっていたのだ。かの清少納言は「ゆくすゑはるかなるもの」は

陸奥国へ行く人の、逢坂越ゆるほど

と『枕草子』に書いているほど、陸奥とは遥か遠い土地として描かれていたの
である。ほかに歌枕として「白河の関」以外には「安積の沼」「信夫山」「松島」
「塩竈」「名取川」などがある。
あまたの宗教家にとっても、西行にしても、時代はさがるが芭蕉にとっても陸奥
とは、文字としても、まだ見ぬ土地、美しい物語の地として魅力があったのでは
ないだろうか。

 

津軽野

津軽平野に高く聳え立つ岩木山(津軽富士)。野ではたらく者をいつも見守っている
かのよう。

 

 

 

田んぼに広がる黒い文様は、脱穀後に籾殻などを焼いた跡である。

 

 

野焼き

野焼きは秋の風物詩ではあるが、迷惑を被ることもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

※続きます。