冬の装い – 大台ケ原山

 

冬を間近にひかえて大台ケ原最高峰の日出ヶ岳山頂に登り、太平洋の彼方から
のぼる御来光を眺める時間は至福のひと時である。山頂の木々が、大台ケ原全
山が、そして西に連なる大峰の山々が赤く染まる。霧氷の時期には、山全体が
きらきらと輝く桜の花が咲いたかのような感動的な光景が目の前に現れる。
その壮麗な眺めは吉野山の千本桜をしのぐといっても過言ではない。

 

朝日に輝く大峰の山並み

十一月中旬、日出ヶ岳山頂より撮影する。「冬一番」が吹き荒れた翌朝の撮影
で、冬山用の登山靴を用意すべきであったと思うくらい寒い朝だった。

 

 

 

 

右端に熊野灘が垣間見える。

 

 

 

 

日出ヶ岳南面より正木峠方向を望む。

 

 

 

 

ミズナラだろうか 孤高の存在に見える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月中旬に大台ケ原ドライブウェーで撮影。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風雪に耐える

風雪の強い日、日出ヶ岳から牛石ヶ原に向う途中にザックに仕舞い込んだ
カメラを撮り出して撮影した覚えがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大台ケ原ドライブウェーより撮影(1月中旬)。

 

 

 

 

日出ヶ岳山頂北西面を撮影(1月ということもあり強風の日だった。付近には
遭難者の慰霊碑がある)。

 

 

 

霧氷に覆われた正木峠

時間が遅かったせいか、霧氷が溶けかかっていたのが残念。

 

 

 

 

 

 

 

 

大蛇嵓

 

 

 

 

 

岩山の先端に祠があったのだが、朽ち果ててしまったようだ。

 

 

 

冬の装いの西大台

大蛇嵓より、蒸篭嵓越しに眺める。

 

 

 

正木峠

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※冬季、通常は大台ケ原ドライブウェーは閉鎖されており、入山できません。

 

 

 

    コメントを残す