津軽・川倉地蔵尊例大祭 (前編)

 

本州の北端青森県津軽地方の夏は短い。古くから幾たびも冷害による飢饉
に苦しんだという記録が残されている。そんな記録が菅江真澄の日記に詳
しく書かれている。

半世紀ほど前、そんな津軽の風土と歴史に興味をもち、カメラのレンズを
通して農耕の現場を、自然を、生活を観察してみようと試みた。長い間放
置されていたモノクロームのネガは予想に違わず一部像の消滅、カブリ、
べたつきなど経年による劣化が相当に進んでいた。今では画像編集ソフト
という便利なものがあり、素人ながら何とか人様にお見せするものが出来
たのではないかと思い、長年眠っていた写真に一度は陽の目を見せてあげ
たいという“親心“が沸き起こったのである。

で『津軽紀行』という題でまとめていた物の、今回は“夏”編である(撮影
には東京から津軽地方へ二年間通い続けた。冬編、春編と併せて見ていた
だけると撮影者冥利に尽きる)。「川倉賽の河原地蔵尊例大祭」が正しい
呼び方のようである。ねぶた祭を除けば典型的な津軽地方の夏を表す祭り
ではないかと、ひとり思っているのだが。
悲哀あり、歓喜ありの人間ドラマがここにある、といったなら言い過ぎだ
ろうか。

 

秀麗な姿の津軽富士(岩木山)

手前に見える川は岩木川。

 

夏の津軽平野

青々とした稲田の向こう、かすかに岩木山の稜線が見える(車中より撮影)。

 

 

今では珍しくなった農耕馬。当時の金木町ではよく見かけた。

 

川倉地蔵尊へ急ぐ

 

 

 

早朝から訪れる人が絶えない。

 

 

日焼けした笑顔が素敵だ。

 

 

奥に地蔵尊堂が見えてきた。すでに幾張りもテントが出ている。

 

 

地蔵尊堂の左手には池に向かって坂があり、そこが賽の河原と呼ばれて
いる場所である。津軽地方では方々に賽の河原があり、幼い子を亡くす
とそこに地蔵を祀る風習がある。また飢饉で行き倒れになった亡骸を葬
った窪地も残っているという。

 

川倉地蔵尊堂

「川倉賽の河原地蔵尊例大祭」は、毎年旧暦の6月22日~24日の三日間
行われる。

 

 

沢山の「善男善女」で賑わっている。

 

 

お堂の前では草鞋などのお供え物が売られている。

 

 

草鞋を手にし、あれこれ選ぶお婆さん。多くの子供を失ったのだろうか。

 

 

ようやく決まったようだ。

 

 

夜中まで訪れる人並みは途切れない。

 

 

 

 

津軽女の顔

参詣の女たちが供養の諷誦文(ふうじゅもん)と草鞋を納める。

 

 

 

 

農民の顔

この写真を見た方々は「農民の顔だ」といった。草履を供物として
奉げるのは、故人が三途の川を渡るには草鞋が必要ということか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「農民」の顔…顔

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地蔵堂の前で僧侶による法要を待つ。堂内は線香の煙と参詣に集まった
ご婦人の熱気に圧倒される。

 

 

 

都での飢饉の死者数と悲惨な状態は『方丈記』でも記されているが、
それに負けず劣らず津軽地方では幾たびも飢饉や疫病で多くの農民
が命を落としている。当然幼い子が真っ先に犠牲になったであろう。
亡き子を弔う場所が各地に残る「賽の河原」であったのだろう。
良く知られている賽の河原には、下北半島中央部にある恐山がある。
ここ川倉賽の河原も半世紀前には名が知られていた。遠くは北海道、
弘前、五所川原からも参詣者が訪れる。地蔵尊堂の裏手では盲目の
イタコによる“口寄せ”が行われ、死者の霊を現世に呼び戻すという。
これは三日間にわたり例大祭を観察した写真による記録である。

※イタコの “口寄せ“、 盆踊りは後編に続く。