大台ケ原山を歩く 20(晩秋の苔の森)

紅葉も終わり、森から人の姿が消えた頃、晩秋の苔の森を彷徨うのも
趣がある。もうすぐ雪の季節が訪れる。初雪が降るころ、全山霧氷に
覆われ、吉野山の千本桜に例えられるころ、再び人の波が押し寄せる。