大台ケ原山を歩く 1(佇む二本の木)

 

大台ケ原山の駐車場を出て、ニ十分ほど牛石ヶ原方向へ歩くと二本の木が
右手に見える。あたりは広場になっていて小さな川が流れている。地面の
所々には腐食した空缶の残骸や空瓶の頭がのぞいている。
昔は大台ケ原山のいたるところでテントが設置できたのだろう。二本の木
は、長い間人間の行いを見てきたに違いない。初めて大台ケ原山を歩き、
撮影した写真がこれである。以降毎回この場で写真を撮影しているが、イ
メージした望み通りの写真は撮れていない。