清流梓川を楽しむ

 

 

 

槍ヶ岳、穂高の峰々を源とする梓川は、下流では千曲川と名を
替えて延々数百キロを流れ日本海へいたる。
梓川を楽しむには、まず槍沢上流にある槍沢小屋付近で間近に
せまる峰々や川沿いに繁茂する針葉樹林、広葉樹林を眺める。
そこから横尾までの間の登山道越し、樹林の間から眺める槍沢
にも趣があってよろしい。春の光で輝く水面や新緑、小さい滝
などみどころが沢山ある。

 

 

 

晴れた日だけでなく、雨の日も素敵だ。霧が湧く水面、轟音を
立てて流れる梓川も普段と違いおもしろい。川沿いの山々に霧
が湧き、水墨画のような景色が現れるのはことに魅力的である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めて見る河童橋から梓川越しに眺める穂高連峰には言葉がない
であろう。また田代池付近の澱んだような静かな流れ、本流の速
い流れにも心がときめくであろう。おいおい紹介したいものだ。