神降りる地 上高地を歩く6

 

涸 沢

 

十一月の暦が終りに近づくと、北アルプス南部の山小屋も小屋じまいの最後の仕事に取掛かる。そんな時であっても、小屋には山好きな者が数人は宿泊しているものだ。三十年前のその時分、穂高の峰々を覆う初冠雪を見たくなり、二日間の休暇を取り涸沢に向かった。残念ながら初雪は前日に降り、私が訪れた頃にはあらかた融けてしまっていた。それでも冬が間近に迫っている雰囲気を味わうことができた。

※続きます

 

 

 

Follow me!