神降りる地 上高地を歩く2

 

大正池ホテルに宿泊し、早朝池の周りを散歩するのが一日の始まりである。冬 白く雪化粧した穂高の山々は東からの朝日を受け、山頂から中腹にかけ、一刻一刻と移り変わる光景を眺めることが出来る者は幸運である。山稜の雪渓に赤味が差したかと思うと瞬く間に色が消えていく。
儚い夢のようなひと時である。

冬の上高地は素敵だが、それに負けないくらい梅雨時の上高地には魅力が沢山ある。

 

 

 

 

 

※続きます

 

 

Follow me!