大台ケ原山 伝説の谷 大杉峡谷7

山高きが故に貴(たっと)からず、というのなら、
谷深きが故に貴からず、と言い換えるのも、ありかもしれない。
大杉谷は名溪である。雨や雪の多い日本には名渓数あれど、大杉谷のように断崖に幽邃な原生林を見ることが出来、容易に河床に降り立ち、名瀑、名石を手に取るように鑑賞することができる。そして釜や淵に見られる吸い込まれるような青緑色、このような谷はそうそう無いであろう。

大杉谷には、大小百もの滝があるという。隠れた滝を見に行き、帰って来れなかった人がいた、と言う話を幾度も聞いたことがある。かつての危険極まりない桟道は無くなり、整備された危険の少ない探勝路に替わったが、それでも滑落事故は後を絶たない。後ろを歩いていた人がいつの間にか姿が見えなくなり、その日桃ノ木小屋に現れることはなく、数日後に谷底で発見された、と言う話を関係者から聞いた。大杉谷で遭難した人の話は数知れない。黒部峡谷に次いで人気のある谷ではあるが、谷の深さは黒部峡谷ほどではないにしても、油断は禁物の谷である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大杉谷探勝は、奈良県側の大台ケ原山から下る道と、三重県側の宮川沿いに登る道の二つの方法がある。アプローチが長いので二泊の行程で予定を組みたい。谷沿いの山小屋は堂倉に一カ所、桃ノ木に一カ所あり、避難小屋も充実している。
七つ釜の滝、千尋の滝、ニコニコ滝と名瀑はいくつもあるが、私の好きなところは、ニコニコ滝のあるシシ淵である。四季を通して美しいところだ。時間が許すなら、せめて半日この場所で過ごしてみたい。今回の写真はシシ淵で撮影したものだが、水量が少なかったせいか、谷の向こうにニコニコ滝が写っていない。

 

※カラー写真の大台ケ原山は、いずれ投稿しますのでしばしお待ちください。次回からは、北アルプス南部、上高地・涸沢を投稿予定です

 

 

 

Follow me!