大台ケ原山 伝説の谷 大杉峡谷3

 

大杉谷の魅力とは何処にあるのだろうか。かつて黒部峡谷を探査した冠松次郎氏は、大杉谷を絶賛していたという。絶賛していたと言うからには、一度はここを訪れていたに間違いはないだろう。しかし未だ私は、寡聞にしてそのような文章を目にしていない。是非とも読んでみたいものである。
「日本百名山」を著した深田久弥氏は、幾度か大杉谷を踏査し、世に紹介している。

一度目か二度目の大杉谷を踏査した頃、大杉の集落でバスを待つ間に近くの旅館で遅めの昼食を摂ったことがある。その旅館の女将さんと思しきご婦人に大杉谷の話を伺った。深田久弥氏の話が出て、私が「深田さんはこの集落の旅館に泊まっていたようだ」、と話を切り出し、その頃旅館には若い娘さんがいたそうだが、今どうしているのでしょうね、と話したら、「それは私です」と言う。不思議な縁であった。すでに女将さんは、年の頃六十代か七十代初めのようにお見受けした。バスを待つ間、楽しいひと時を過ごすことが出来た。懐かしい思い出である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※続きます

 

 

 

Follow me!