平家物語 京都大原・寂光院を訪ねて

 

高野川

 

終点の大原で京都バスを降り、平家物語ゆかりの寂光院へ向って北の方角へ歩く。
狭い道を進むとすぐに高野川にかかる橋に出て、清流を望むことができる。都会
から離れたこのあたりなら、夏の夜は涼しげなカジカガエルの鳴き声を聴くこと
ができるだろう。蛍の優雅に舞う姿を見ることもできるに違いない。

 

寂光院への道

 

 

 

中央に見える山が比叡山であるが、この位置から見ると低い山に見える。

 

 

 

 

 

まだまだ田畑は残っているが、年々少なくなっている。

 

朧の清水

 

建礼門院の悲しい逸話が伝わる おぼろの清水。おぼろ月夜に、水面に映る
やつれた姿を見て身の上を嘆いたという。

 

 

眼下には、田植えを終えたばかりの田んぼが見える。

 

大原田園風景

右手の山の斜面に目指す寂光院がある。

 

 

 

 

 

路傍には大原菊が咲いていた。

 

大原・寂光院への道
平安の昔、木々のこずえがとりどりに色づいてきた季節に、建礼門院一行は
寂光院を目ざし、 都から歩かれたのであろう。日は短く、夕暮れにようやく
たどり着いたに違いない。
今でこそ東海道の西の起点である三条大橋からバスで四十分ほどで行けるが、
平安の貴人の足では、ぬかるんだ山あいの道を都から一日を掛けて歩いたの
ではなかろうか。
道路事情の良くなった現代でも、私の足では片道四時間はかかる。

それから考えると、“大原女“ は毎日のように、頭の上に柴や炭などを乗せて
都との間を往復していた のであるから、相当つらい仕事であったことと思う。

 

寂光院入口

 

 

寂光院参道

秋には見事な紅葉を見ることができる、モミジの参道。

 

寂光院山門

 

 

 

 

 

寂光院本堂

桃山時代の建築様式を残す造りという。屋根はこけら葺き。

 

 

 

大原寂光院は、聖徳太子の創建で建礼門院が隠棲し 晩年を過ごされた
天台宗の尼寺。平成十二年(2000)に火災により本堂が焼失。本尊の
地蔵菩薩も大きく焼損したが、五年後には復興再建された。

 

寂光院山門

本堂側より望む。写真左側の木は菩提樹である。

 

庭園

雪見燈籠は豊臣秀頼が奉納したものと伝える。

 

鐘楼

 

 

茶室孤雲の門

 

“建礼門院は、東山の麓、吉田のあたりへおはいりになられた。そこは中納言法印慶恵
という奈良法師の坊であった。
住み荒らして年久しくなったので、庭は草深く、軒には忍草が茂っていた。簾はきれ
て閨(ねや)もあらわに見え、雨風の防ぎようもない。花はとりどりに咲いているが、
主とたのむ人もなく、月は夜ごとにさしこむが、ながめてあかす主もない。 都に近い
このお住居は、行き来の人々の目にもふれがちなので、露の御命を吹きちらす風をまつ
ばかりの わずかな間ばかりでも、憂きことを聞かずにすむ深山の奥へ隠れたいと思う
が、さて どこにもたよるべきところがない。
すると、ある女房が、吉田に来て、
「これより北、大原山の奥に、寂光院と申す静かな所がござります」
と教えたので女院は、
「山里はものさびしいにちがいはないが、都に近くいて憂きことを聞くよりは、まだし
も住みよくありましょう」
とお思い立ちあそばされた。・・・文治元年〔1185〕九月の末に、かの寂光院におはいり
になった。“

※『平家物語』より引用

 

「奈良法師の坊であった」という寺はどこにあったのだろうか。「東山のふもと」と
「吉田のあたり」というヒントが出ている。しかし東山といえば北は如意が岳から、
南は伏見稲荷の山まで三十六峰七里を越える範囲と長い。吉田といえば吉田山が真っ
先に頭に思い浮かぶが離れているではないか。 いったいどこであろう、と考え早く答
を出したく急ぎ寂光院へ向かったのである。
寺へ着いたはよいが相変わらずの混雑、百名ばかりの団体さんが蝗のごとく押しかけ、
そして稲穂を食い尽くすがごとく去って行った。

たまたま外に居られた院主さまと挨拶を交わし、傍らにいた作務衣姿の若き尼僧と覚し
き方に『平家物語』女院出家の場面にある寺は何処に、と尋ねれば「・・・かしこに今でも
ありまする」と、平安貴人のようにのたまう。もしや阿波内侍(あわのないじ)の生まれ
変わりではないかと訝しく思っていたところ、院主さまとともに去って行かれた。

意外であった。物語であるし、内心は架空の寺ではないかと思っていたからである。訪ね
たこともない、名も知らない寺であった。そこは近くて遠い所であった。

後日、円山公園の東の山麓にあるというその寺を訪ねたが、何と「休館日」であった。
いまだに再訪は適っていない。

 

建礼門院御庵室遺蹟

 

 

大原御幸
“明けて文治二年(1186)の春はじめ、後白河法皇は一度、建礼門院の大原の閑居を
ごらんになりたいと思いたたれた。・・・・・・

やがて春が過ぎ、夏が来て賀茂の祭りもすぎたので、、法皇は夜の明けやらぬうちに、
大原の奥へ御幸あそばされた。・・・・・・

遠山にかかる白雲は、散った花の形見であり、青葉になったこずえには、春のなごり
が惜しまれる。季節は四月(うづき)二十日すぎのことなので、おい茂る夏草の中を
かきわけて行かねばならぬ上に、初めての御幸のこととてお見慣れになった景色もな
く、まるで人跡絶えた跡をたどるかのようであった。西の山のふもとに一棟の御堂が
建っていたが、これが目当ての寂光院である。・・・・・・

女院の庵室をごらんになると、軒には蔦や朝顔がはいかかり、忍草にまじって萱草が
おい茂っている。・・・・・・
杉の葺目もまばらであるから、時雨も霜も、置く露も、漏る月影とあらそって、防ぎ
ようもなさそうなありさま。・・・・・・

・・・そのそばは、女院の御寝所と見え、竹の竿に麻の御衣、紙の御寝具などがかけられ、
本朝漢土の粋を集めた、繚乱錦繡の御衣装も、今は昔の夢と消え果ててしまっている。
あまりの労しい変わりざまに法皇が御涙を流されると、お供人々もいまさらのように、
以前宮中で過された女院の御日常を思い出して、万感に袖をしぼった。“

※『平家物語』より引用

 

 

 

 

それにしても建礼門院さまは、壇ノ浦合戦でともに安徳天皇と入水を図り、そして自らの
命だけは助かり、お子である安徳天皇を失った。そして源氏に敗れた結果が二十九歳での
出家という道をたどり、その数年後には早くも人生を終えてしまった。
なんと “露のように儚い“ いのちであることか。 それにつけても『平家物語』冒頭が思い
出される。

 

     祇園精舎の鐘の声、

     諸行無常の響きあり。

     娑羅双樹の花の色、

     盛者必衰の理をあらわす。

     おごれる人も久しからず、

     唯春の夜の夢のごとし。

     たけき者も遂にはほろびぬ、

     偏(ひとえ)に風の前の塵に同じ。

 

 

大原西稜入口

寂光院の東隣には、建礼門院さまの眠る大原西稜がある。

 

大原西稜参道

 

 

大原西稜

寂光院の東の背後の高台に、建礼門院徳子の墓所と伝えられる大原西陵がある。

 

 

翠黛山

寂光院の西方、翠黛山には阿波内侍ら建礼門院の侍従たちのものと伝わる墓石がある。

 

 

墓所入口

草生川にかかる橋を渡ると、阿波内侍・大納言佐局・治部卿局・右京大夫・小侍従局ら
建礼門院の侍女たちの眠る墓地がある。

 

墓所参道

 

 

阿波内侍らの墓所

 

 

侍従らの名を記した石柱

 

 

墓所を山側から見る

一番左側が阿波内侍の墓と思われるが判然としない。

撮影を続けていると、後ろの山の方から、それもそう遠くはない所から、
篠笛のようなピーッという獣の鳴き声がひと鳴き聞こえてきた。
どこかもの悲しくもあり、懐かしい感じもする鳴き声である。そう思わ
せる鳴き声なのが不思議である。声の主である獣を記憶の糸をたぐって
みると、ようやく思い出すことができた。
それは鹿の鳴き声(警戒音)であった。

 

“ 夕方、庭に散りしく楢の葉をふみしだく音が聞こえたので、女院は、
「世をかくれている者のところへ、何びとがたずねてきたのか、会うて
ならぬ者ならば、隠れます。佐の局、見てきてくだされ」
局が行ってみると、小鹿が通る足音であった。“

※『平家物語』(中山義秀 現代語訳)より引用。
余談ながら、中山義秀氏と私は同じ在所の生れである。

写真撮影年:2017年5月

 

 

 

Follow me!