元興寺と奈良町を訪ねて

 

元興寺東門(重文)

 

奈良町への道
奈良町はいく度も訪れていたが、元興寺は初めての訪問である。
いつも奈良町方面へ行くには、近鉄奈良駅を出てアーケード街の東向通りを南へ
歩く。三条通りへ出たならすぐ東にある餅菓子屋さんを右に折れ再び南へ向う。
この通りは、餅飯殿(もちいどの)通りといって面白い商店街なのである。骨董
店あり、飲食店あり、古書店、土産物店などなど、雑多な店が狭い通りにひしめ
き合って並んでいる。気に入った品があったなら、店に入って店主と品物の値段
を交渉してみるのも一興。

一本東の通りを歩けば、そこは古き奈良の民家を見ることができる。柿の葉寿司
の老舗、お茶屋さん、おやっ、こんな所に“ブルーノート”があるといった具合に
新旧の店があって、路地を通る者を飽きさせない。ぜひ家々の門構え、格子窓、
風情ある二階の虫籠窓、漆喰の白壁、柱、梁、軒、垂木、瓦屋根などの造りを見
ていただきたい。他の都市の家との違いを発見すれば、旅の楽しみが増すに違い
ない。

 

 

極楽堂(国宝)

 

東門より正面に極楽堂を望む。曼荼羅堂ともいい、ご本尊は智光曼荼羅(阿弥陀浄土図)である。
曼荼羅図が祀られた内陣を念仏を唱えながら右回りに礼拝するという。
「元興寺極楽坊」の宗派は、江戸時代に西大寺の末寺、真言律宗の寺院となった。

 

極楽堂

単層、寄棟造り、正面六間、側面六間の正方形である。

 

極楽堂、禅室(後方の建物)

東南側より望む。

 

極楽堂

南面の本瓦葺きの屋根が美しい。

 

極楽堂

南西側より望む。右端に東門が見える。

 

極楽堂降り棟

 

行基葺きの屋根瓦
天平時代に特有の行基葺きという屋根の重ね瓦が珍しい。赤茶色の瓦が千四百年前の物。
当時の瓦を未だに数千枚使用しているという。

 

極楽堂向拝

 

元興寺とは
元興寺は、日本で初めて飛鳥の地に創建された法興寺(飛鳥寺)が平城京遷都
にともない移築された寺院という。
南都七大寺のひとつで東大寺につづく大寺であったというが、現在その面影は
ない。いく度も災難に遭い、元興寺が寂れるにしたがい「奈良町」には一般の
住宅が建ち並んだという。

国宝である本堂の極楽堂と禅室は、かつての大伽藍のうち、東西に長い一棟の
僧坊を二つに分け、東側の建物を極楽堂、西側の建物を禅室と改変したもの。

極楽堂の南には収蔵庫があり、そこには天平時代の五重小塔(国宝)が保管さ
れている。 高さ5.5メートルの小さな塔であるが、現存する天平時代の五重塔
はこれのみ。 天平時代の建築様式を知るうえで貴重な遺構なので、別途費用は
かかるが是非とも見ておきたい。ほかにも聖徳太子像、弘法大師像などの仏像
や貴重な資料がたくさん展示されている。

 

極楽堂、禅室(後方の建物)

東南側より望む。

 

禅室(国宝)

 

禅室
天平時代の僧坊の形を残しているが、鎌倉時代初期に大改造をしているという。
僧坊ともいい、お坊さんがここで起居したり、経典を学んでいたのであろう。
建物の一部に、日本最古の木材が用いられているという調査結果がある。

 

禅室

手前の石仏は浮図田の一部である。

 

禅室

単層、切妻造りの禅室を南より望む。屋根東端の段差のある瓦が、飛鳥時代の瓦という。

 

禅室

本瓦葺きの屋根が、青空と相まってとても美しい。

 

禅室

西南より望む。

 

禅室

南側縁。右端に見える屋根は極楽堂。

 

極楽堂南面の桟唐戸

 

 

禅室の屋根

 

段差のある瓦が行基葺き(千四百年前の瓦で現存する日本最古のもの)、
段差の無い左端のものが本瓦葺きである。

 

禅室

西北側より望む。

 

禅室

西の妻側、二重虹梁蛙股。

 

禅室、極楽堂(後方の建物)

西北側より望む。

 

禅室

北側縁と板扉、連子窓、漆喰のコントラストが美しい。

 

禅室

一間ごとに板扉と連子窓を設けている。

 

 

元興寺は“萩の寺”として知られ、萩の花咲く季節にも訪れてみたいものだ。

 

極楽堂(後方の建物)

 

 

極楽堂

北面より望む。

 

極楽堂、禅室(後方の建物)

東北側より望む。

 

極楽堂

東北側より向拝を望む

 

 

極楽堂

極楽堂正面の縁より北を望む。

 

 

極楽堂

極楽堂正面の縁より南を望む。正面の建物は収蔵庫である。

 

極楽堂正面の虹梁と蛙股

和様の建築様式で珍しい意匠である。欄間の格子が見事な造り。

 

極楽堂正面の出組

 

 

極楽堂正面の出組

 

 

 

僅かに赤い塗料が残っており、寂びた感じに趣きがある。

 

禅室東妻側の二重虹梁蛙股

これは珍しい意匠、虹梁と蛙股を組み合わせ二重虹梁蛙股と呼ぶようである。

 

 

極楽堂、禅室(後方の建物)

石仏、石塔のまわりには春車菊が咲いていた。

 

浮図田(ふとでん)

 

浮図田
昭和末期に整備された。浮図とは仏陀のこと、二千基以上の石塔、石仏などが
稲田の如く並ぶところという。鎌倉時代から江戸時代頃のものが多いようである。

手水

手水にはいつも花が飾られている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※2017年6月撮影

奈良町散策
元興寺を後にして奈良町を散策しよう。
この数年で奈良町は激変している。ごく普通の民家の門構えは減り、cafe 、古道具店、土産物店、ギャラリーが軒を連ねるようになった。外国の言葉が多く聞かれるようになり、以前のように寂びた奈良町の風情は年々無くなりつつあるのが寂しい気はする。
奈良の住宅を公開している施設が何カ所かあるので、家に関心のある方は見ておきたい。

十輪院という小さな寺があり、もと元興寺の別院であったと伝わる。ブルーノ・タウトが賞賛した美しい寺院である。時間があればこちらも訪ねてみたい。

少しばかり東に歩くと今西酒造があり、ここはお酒好きには忘れてはならない場所である。利き酒もでき、気に入ったお酒があれば買うも良し。近年お酒(清酒)が欧米人に人気がでて、たくさん買い込んでいる姿を見かける。
近くには今西家書院もあり、一般公開をしている。“民芸“ 運動を柳宗悦とともに興した吉田璋也が、一時ここに起居していた所でもある。書院は室町時代の遺構。

健脚家には、もう少し足を延ばし、風情のある築地の残る高畑町界隈の散策をおすすめしたい。付近には、新薬師寺、奈良市写真美術館もあり、見るところ、休むところが多くあって時間を忘れてしまい、翌日には足腰の筋肉痛に悩まされるに違いない。

 

 

 

Follow me!