唐招提寺を訪ねて・その壱

 

唐招提寺南大門

 

近鉄西ノ京駅で下車し、南に薬師寺の三重塔を見て北へ十分ほど歩くと
唐招提寺の森が見えてくる。奈良時代にはこの辺りは西ノ京といって高級
役人が住むところであった。
唐招提寺へ向う道すじには、薬師寺の末寺と覚しき寺院や農家の立派な造
りの家が建ち並んでいて見飽きない。東の方角を望めば、田植えを終えた
田んぼ越しに若草山がかすんで見える。京都とは違って、まだまだ田畑が
残っているのが嬉しい。

 

金堂(国宝・奈良時代)

寄棟造・本瓦葺(八世紀後半の建造)

 

 

 

唐招提寺
「・・・唐招提寺には他のどんな古寺にもない独特の美しさがある。伽藍配置
のかもし出す整然たる調和の美しさであって、私はそれをみたいためにやっ
てくるのだ。奈良朝の建築の精華はここにほぼ完璧な姿で残っていると云っ
てもよかろう。」

「唐招提寺の金堂を訪れた人は、だれしもその見事な円柱に心をとめるであ
ろう。円柱が全姿をあらわに並列しているのは、大和古寺のなかでもこの寺
以外にはない。」
※亀井勝一郎著『大和古寺風物詩』より引用

多くの著名人が唐招提寺を訪れ、その感想を印象的な文で残している。
和辻哲郎、堀 辰雄のお二方とともに忘れてはならない人は亀井勝一郎である。
奈良を訪れるに際し、ガイドブックを一つ上げるなら亀井の『大和古寺風物詩』を推薦したい。

金堂は奈良時代の大寺の金堂の形式を伝える唯一の遺構といわれるが、唐招提寺の屋根は少々重たげで厳つい感じがする。奈良時代にはゆるやかな曲線を持つ寄棟造りであった。それが江戸時代になり、修繕の際に棟の高さを上げたため今の姿になったのだという。

 

 

軒端の少しだけ上に湾曲している姿がアクセントになっている。

 

 

垂木が上下二段の二軒になっているのが分る。

 

 

 

 

八本の列柱

掌で撫でたくなるほど、懐かしい感じがするのがおかしい。

 

 

 

 

 

 

堂内中央にご本尊の盧舎那仏座像、左右に千手観音、薬師如来の大きな立像
(いずれも国宝)。これらをめぐって梵天、帝釈天、四天王立像が安置され
ている。巨大な仏像が、奥行きのない窮屈なお堂に押し込められているとい
う感じが 否めない。お参りもそこそこに、建築に意匠に目を移そう。

 

金堂組物

 

 

 

 

 

金堂正面扉の釘隠

 

 

 

木製の釘隠は、ここでしか見た覚えがない。

 

金堂連子窓

 

 

金堂西面

 

 

金堂東面

 

 

 

 

 

金堂北面(裏手)

 

 

金堂を東南より望む

 

 

唐招提寺を訪れる楽しみは二つある。ひとつは、南大門をくぐると優しく出迎えてくれる天平の甍の覆いをかぶった金堂である。いくど見ても新鮮なおどろきがある上、八本の円柱は思わず掌で撫でたくなるほど懐かしい感じがする。

ふたつ目は、校倉である。天平時代の校倉があるというだけで貴重であるが、それが二棟残っているというのであるから驚くほかない。残念なことに校倉に触れることはできない。近寄りがたい雰囲気はあるがどこから見ても絵になるのは嬉しい。

金堂ばかりが脚光をあびるけれど、黒漆塗りの宝石箱のような校倉造りの宝蔵・経蔵がたまらなく愛しい。1300年前の木材が今なお息づいているのであるから。

唐招提寺を訪れるのは今回が二度目であった。一度目は六七年前、年の暮れも迫る寒い日であったように思う。長年の願いが適い、南大門を入ると金堂が優しく迎えてくれたように感じたものである。

 

※弐(講堂・宝蔵ほか)へ続きます。撮影年:2017