岩船寺を訪ねて

 

岩船寺本堂・庫裡

 

岩船寺は京都府木津川市にあるが、地理的には奈良市に近く、JR奈良駅から
自動車で30分ほどで来ることができる。山門前には寺の名の由来になったという舟の形をした「石風呂」があり、訪れるひとを出迎えてくれる。

境内地の散策はあとに回し、まずは本堂内の阿弥陀如来にお参りしよう。
正面には、平安時代作の阿弥陀如来座像(重文)が四天王を四隅に従えて存在感を際立たせている。仏像は拝むものであり、美術品として鑑賞することは顰蹙をかうかもしれないが、浄瑠璃寺を参拝した後では感動する心は後退してしまっている。とは言っても阿弥陀さまの安らかなお顔を拝んでいると、普段の仕事でのストレスなどの高ぶった気持ちが鎮まってくる。また四天王の動的な彫りの鋭さ、深さも見事と思える。彩色もよく見ると残っていて、貴重な立像と言えるのではないだろうか。

とりわけ感動した仏像は普賢菩薩騎象像だった。もとは三重塔に納められていたという。一木造りの彩色像が合掌して白像に座っており、その女性的で優美な姿は藤原期の優作であるという。彩色もよく残っていて、見るものに優しさという感情を思い出させてくれる。
※堂内の写真撮影はできません。

 

三重塔(重要文化財)

 

 

 

 

石段のある東側が正面である。室町時代の建立とされる。

 

 

 

塔は仰ぎ見るものであることが、この三重塔を見て思う。

 

 

 

 

 

 

貝吹岩へつづく道

 

 

 

貝吹岩

三十九の坊舎があったころ、一山の僧を集めるために法螺貝を吹き鳴らした
岩という。

 

 

南山城盆地

貝吹岩のある山頂から、北の方角を望めば南山城一帯が一望できる。
山なみの向こうには、遠く京都市がある。

 

 

歓喜天堂

境内のかたすみにある神社。商売繁盛、招福、結縁のご利益があるという。
ほかに白山神社、春日神社の二社がある。

 

 

開山堂

 

 

 

本堂・阿字池

本堂は昭和六十三年に再建。

 

 

 

身代り地蔵

 

 

 

石室不動明王立像(重要文化財)

 

 

 

不動明王立像

鎌倉時代の銘が線刻されている。

 

 

十三重石塔(重要文化財)

 

 

 

 

軸石の四面には金剛界四仏の梵字が刻まれている。

 

 

岩船寺山門

振り返り山門を拝む。
※岩船寺の宗派は浄瑠璃寺と同じ真言律宗です。

岩船寺を訪ねたのは昨年の三月下旬、建造物の写真を撮ることが第一の目的
だったので若葉の繁る時期をはずしたのである。岩船寺や浄瑠璃寺を訪ねる
のなら新緑のころ、もしくは田んぼに水が引かれて田植えが終ったころが良
いのではないだろうか。樹木の若葉、そして田んぼ植えられた苗の緑が目に
やさしく、また蛙の鳴き声を聞きながら、石仏を眺めながら、田舎道を歩く。
これこそ至福のときに違いない。