岩船寺への道 ー 石仏の里・当尾

 

石仏の道

浄瑠璃寺を後にして、山あいの “石仏の道“ を通り岩船寺に向おう。多くの方は比較的楽な逆のコースをとるが、静かな朝のうちに浄瑠璃寺を拝観したかったので岩船寺を後にまわした。

当尾の里(とおののさと)は南都仏教の別所であるという。京の比叡山に対して大原が別所であるように、何かと騒がしくなった南都を離れ、静かな山里に庵を結び、修行に学門に励みたかったのだろうか。浄瑠璃寺と岩船寺のあいだには、たくさんの石仏・磨崖仏が鎮座している。修行僧が浄土に思いを馳せ、あるいは里の人々の行く末を案じ刻んだのだろうか。

 

当尾の春

山を越えると岩船寺である。

 

やぶのなか三尊

車道のすぐ脇に鎮座している。名のとおり藪の中にある。

 

 

 

 

 

 

 

当尾の竹やぶ

畑へ通じる道のへりで竹やぶを眺めながら昼食を食べた。岩船寺から降りてくるグループが目の前を通っていく。

 

山あいの農家

道すじに立派な造りの農家が点在しており、白壁が目にまぶしい。

治承4年(1181)、平清盛に命を受けた軍勢により南都が焼討ちに遭い、

奈良阪の戦で傷ついた奈良法師の中には、当尾の里の百姓家にかくまって

もらった者もいたかも知れない。そんなことを考えながら歩くのも趣きが

ある。

 

からすの壺二尊

阿弥陀如来の左側面に地蔵菩薩が隠れている。

 

地蔵菩薩立像

 

 

 

 

 

からすの壺二尊

振り返って二尊を拝む。

 

山あいの道

 

 

 

昼にしては薄暗い小道がつづく。

 

分岐点

手前の指示の方角に岩船寺がある。ほぼ中間点。

 

わらい仏

分岐点から少し離れた山の斜面にある。付近には猪の掘り返した痕が・・・

 

 

地盤が緩み斜めになったのだろうか。上の岩が庇の役割をしていて保存状態が良い。

 

 

 

 

分岐点からの登り道入口

 

 

急勾配の登り道

チョットきつい登り坂がつづく。

 

 

振り返って下を見ると大岩が見える。

 

不動明王

登山道の下にあるので、注意しないと通り過ぎてしまう。きれいに清掃されている。

 

 

昼なお暗い場所にある。

 

 

 

 

岩船集落入口

山の斜面には柿畑がある。

 

岩船集落

この集落を通り過ぎると間もなく岩船寺である。

 

岩船寺案内板

杉林の向こうに目指す岩船寺の案内板が見える。

 

岩船寺山門

一時間ほど歩き、ようやく寺に着いた。門前には家屋が軒を連ね、意外にもにぎわいがある。

※次回は岩船寺を投稿予定です。