浄瑠璃寺を訪ねて 前編

 

 

浄瑠璃寺への道

「今日は浄瑠璃寺へ行った。ひるすぎに帰れるつもりで、昼飯の用意を言いつけて出かけたのであったが、案外に手間取って、また案外におもしろかった。」

大正七年、二十九歳の和辻哲郎は奈良付近の寺々に遊びその印象を若さ溢れるような文章でその印象を書きとめている。当時の道はでこぼこ道で俥(くるま・人力車のことであろう)に乗っているのも楽ではなかった。奈良坂へ帰っていい時刻にようやく浄瑠璃寺へたどり着いたという。

JR奈良駅から乗合自動車で三十分、浄瑠璃寺前の停留所へ到着する。ほぼ満員の車内であったが、降車する者は思いの外少ない。この奥にある岩船寺を先に拝観するものと見え、浄瑠璃寺へ向かう者は数人であった。

和辻の訪れたころとは打って変わり、ここへ来るには立派な道路を通り、新興住宅街を左右に見て走ってきた。山深い山村を想像していた私は軽く期待を裏切られた。意外にも当尾(とおの)の里は開放感あふれる里であった。門前には、cafeがある。蕎麦屋がある。土産物屋がある。

さあ、浄瑠璃寺へ向かおう・・・

 

 

当尾の里

 

 

 

 

 

 

そう離れていないところに山門が見える。

 

浄瑠璃寺参道

 

 

 

 

 

九体阿弥陀堂(国宝)

山門を入ると正面に池、右手西側には九体阿弥陀堂が見える。

 

 

宝池

現世と浄土の間を分ける宝池。池泉回遊式浄土庭園の造りになっている。

 

 

 

 

三重塔(国宝)

正面西側に九体阿弥陀堂を望むところに位置する。

 

 

三重塔内には薬師如来が安置されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この寺ではまず東の薬師仏に苦悩の救済を願い、その前でふり返って池越しに彼岸の阿弥陀仏に来迎を願うのが本来の礼拝であるという。浄瑠璃寺に限らず、古来、人々は浄土の池の東から彼岸におられる阿弥陀仏に来迎を願って礼拝した。苦悩の多い現世、薬師仏にそれを取り除いてもらい、阿弥陀仏に太陽が沈んでいく西方浄土(極楽浄土)へ迎えていただくということなのだろう。

 

九体阿弥陀堂

 

 

浄瑠璃寺を訪ねたのは、昨年の三月下旬であった。あと一週間遅ければ桜の花も咲き出し、さぞ人出も多かったことであろう。朝一番であったことも幸いし、参拝者は数名であったこともあり、のんびりと撮影をし、また阿弥陀仏に願うことができた。次に訪ねるときは、萩の花が頭を垂れるほどに茂ったころがよかろう。さすれば山里の小さな堂宇の雰囲気があじわえるのではなかろうか。

「しかし何よりも周囲と調和した堂の外観がすばらしかった。開いた扉の間から金色の仏の見えるのもよかった。あの優しい新緑の景色の内に大きい九体の仏があるというシチュエーションは、いかにも藤原末期の幻想に似つかわしい。」

和辻が『古寺巡礼』で書いているように、大正七年頃は扉が開かれており、池越しに九体阿弥陀仏を拝むことができたようである。
それも「今は昔のこと」・・・

 

※後編に続きます

 

 

 

Follow me!