津軽紀行 振売りの津軽女

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

振売りの津軽女

列車の乗換えに一時間は駅のホームで待たされた。

これは川部駅でよく見かけた光景である。おそらく弘前市か青森市へ振売り

に行くのだろう。

関東では、かつて千葉のオバチャンたちが早朝に専用の京成線に乗り、東京

へ振売りに行く姿が見られた。京都では大原女が都まで歩き、柴や野菜など

を振売りし農家の大事な収入源になっていた。どの地方でも、農家の主婦は

働き者だ。

 

 

 

 

Follow me!