津軽紀行 家路1(雪の降る田んぼ道を歩む)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先ほどの親子と再び出会った。水田に挟まれた道を去って行く姿が印象的だった。

雪は相変わらず降っている。 何時になったなら止むのだろうか。