津軽紀行 地吹雪の去った朝2

集落に近づいた頃には青空が広がってきた。道路が雪の吹きだまりに

なっていて、歩くのが大変だ。寒いけれど、清々しい朝である。