津軽紀行 地吹雪の日23(津軽の農家)

 

津軽の農家

津軽地方の農家には出入口が二つあるのを見かける。道路に近い方が玄関
で、離れた方の出入口は隠居したお年寄りが住んでいる場合が多いように
思う。作業場の場合もある。馬や牛、豚などの家畜を飼っていた小舎はど
ういうわけか見かけなかった。
夕方、例によって藤枝で撮影していると、お婆さんが「お茶を飲んでけ」
と隠居部屋に招いてくれた。部屋の造りは都会と大して変らなかった。
暗くなっても灯りを付けないのには参ったけれど、炬燵でお茶と菓子を
いただいてしばし話をした。当時二十歳の私は他人と話すことは苦手で
あったが、津軽では平気で話をし、人物の写真も随分と撮らせていただ
いた。その多くの方々は、すでに彼岸の国へ旅だっていったであろう。
近いうち再会できるでしょう、とは言っても、津軽で撮影した写真の投
稿を終えるまではまだ行けないけれど・・・