津軽紀行 地吹雪の日18

 

 

 

 

津軽地方では、農家の周囲を防風防雪のための“カッチョ“と言う囲いを

設けている。冬場だけ取付けている家があれば、年中取付けたままの家

もある。ヒバの木の板囲いをよく見かけたが、この家ではヨシかカヤの

ような材料を丁寧に組んでいて造園業者顔負けの造りである。本来の

カッチョの材料はカヤであったが、製材技術が進歩した近代になってから

板囲いになったようである。

不思議なことに、家の周りを防風林が護っている姿はあまり見かけなかった。