津軽紀行 地吹雪の日16

 

 

 

 

茅葺き屋根の民家には存在感がある。“家”という「制度」の重みから

きているのか、それとも封建時代の残滓を引きずっていると思い込ん

でいるせいなのか。

茅葺き屋根の家で生まれ育った者には、郷愁半分、家から逃れたい

気持半分である。

この家は廃屋かと思いきや、ストーブの煙突から煙が出ているので人

は住んでいるのであろう。