津軽紀行 地吹雪の日14(夜に非ず)

あたりは暗闇に包まれたよう。吹き飛ばされそうな、凄まじい風の威力である。
私の格好はといえば、カーキー色の綿のジャケットにジーパン、それにゴム長
靴という出で立ち。とんでもなく寒いが、二十歳という若さなので耐えられた
のだろう。

撮影後、東京へ帰ると足の指は軽い凍傷になっていた。