津軽紀行 地吹雪の日9

 

 

 

 

荒涼とした風景である。集落のすぐ西には日本海があり、風雪が厳しい。

砂利道に雪が降っても、すぐに強風で吹き飛ばされてしまう。

いまだかつて、人が住むところで、この地ほど寒々とした光景は見たことが

ない。竜飛や下北半島でも見たことはなかった。

撮影は1970年代初めの頃。同じ時期に江波杏子主演の『津軽じょんがら節』

の映画のロケ地になっていたかと思う。10年ほど前にTSUTAYAでその映画の

dvdを見つけ、鑑賞はしたものの感動はなかった。昭和30年代の劇画調の漫画

という印象である。江波杏子演じる飲み屋の美しい女将(着物姿!)は “場” に

そぐわなかった。小泊や中里ならいざしらず、この辺りに飲み屋など一軒も無か

った。店舗らしきものなど皆目無かったのだから。

撮影地は、十三湖北部の脇元か市浦だったと思う。