津軽紀行 地吹雪の日8(海鳴り)

 

 

 

海水を汲んでいるのだろうか。寂寥感ただよう光景である。

この辺りが、ある映画のロケ地になっていたように思う。