津軽紀行 地吹雪の日7

 

 

 

 

このご婦人とは並行して歩いたが、私には目もくれず黙々と歩いていた。

他人のことなど気にしていられないほど、荒れた天候であった。もう少し

の間、共に歩きたかったが、写真に見える家に入っていった。