ブログ開設にともない、挨拶文です

写真ブログ開設の案内

世に “五十の手習い“ と申しますが、すでにその年齢を過ぎてしまいました。
苦手なパソコンを使いブログを開設してみょうかと思い立ち、試行錯誤の上
なんとか投稿するまでにこぎ着けました。で、肝心の投稿の内容ですが、過
去半世紀にわたる日本各地の風景写真が手元に沢山あるので、それを多くの
方に見て頂きたいと、こう虫の良いことを考えているのです。

モノクロームのどこか懐かしい風景写真、カラーフィルムによる山や花、庭
園、建造物写真などが中心になるかと思います。やりたいことは沢山あるの
で、統一感はないかもしれません。その点は何とぞご容赦ください。

手始めに『枕草子』抄を投稿いたします。この随筆はわたしの最も好きな随
筆なのです。清少納言の自然を見る眼、人間を見る眼、そのするどさ、深さ、
感覚には驚くほかありません。『枕草子』がなければ『方丈記』や『徒然草』
も生れてはこなかったでしよう。古文を読んで意味は分らなくても、なぜか
分ったような気になってしまう “をかし”さがあるのです。

常々、清少納言のような眼をもって自然に向かいたいと思っています。それ
では、やまと草紙をお楽しみください。