枕草子抄 雪のいと高う降りたるを

 

 

 

 

雪のいと高う降りたるを 例ならず御格子まゐりて

炭櫃に火おこして物語などして 集まりさぶらふに

「少納言よ 香炉峰の雪いかならん」

と仰せらるれば

御格子あげさせて 御簾を高くあげたれば 笑はせ給ふ

 

 

 

 

人々も 「さることは知り 歌などにさへうたへど 思ひこそよらざりつれ

なほ この宮の人にはさべきなめり」と言ふ